首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 コニュニケーション
 トップ小泉内閣メールマガジンバックナンバー
小泉内閣メールマガジン
 

小泉内閣メールマガジン ================================== 2001/09/27

★☆ 今週のキーワード「ナノテクノロジー」 ☆★
 産業競争力の強化のために重点投資。科学技術重点4分野の一つ、ナノテ
クノロジーって何ナノ?(解説は最後に)
--------------------------------------------------------------------

□ 目次

[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
● ファイト テロリズム

[大臣のほんねとーく 〜 お答えします]
● 国際化時代、外国人と共に暮らす社会を支える警察
  (村井国家公安委員会委員長/防災担当大臣)

[特別寄稿]
● 改革工程表:変わる日本、この一歩(竹中経済財政政策担当大臣)

[米国同時多発テロ事件関連情報]
● 首相官邸ホームページ
● 外務省ホームページ

[小泉内閣の動き 〜 事件関連情報以外のもの]
● 医療制度改革試案(01/09/25)
● 「改革工程表」最終取りまとめ・「改革先行プログラム」中間取りまと
 めの決定(01/09/21)
● 総合雇用対策の決定(01/09/20)

[官邸のこんな話]
● 歴史を彩るアールデコの大ホール

====================================================================
[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
小泉総理大臣小泉総理大臣プロフィール
● ファイト テロリズム

 小泉純一郎です。

 24日から26日まで、急遽訪米した。テロの現場を目のあたりにして、
テロリストの卑劣極まりない暴挙に対する憤りを新たにした。ニューヨーク
で会った国連のアナン事務総長は、60以上の国の人達が犠牲になっており
まさに全世界に対する犯罪だと述べていた。このテロは、多くの人々にいや
しがたい傷を残した。

 同時に、ニューヨークで被害者の救援に携わる多くのボランティアの姿に
勇気づけられた。

 ブッシュ大統領との会談では、米国とともに世界中が力を合わせてテロに
立ち向かっていくことを誓い合った。いまや世界中で「絶対安全」と言える
場所はなくなってしまったのかもしれない。私たちは自分自身の問題として
テロ対策に取り組まなければならない。

 安全な世界のために、日本ができることはたくさんある。日本経済を再生
させることも、世界の経済システムの安定のために日本ができる大切なこと
だ。改革の姿勢をゆるめずに進めていく。

 緊急時こそリーダーシップが求められる。国際社会で日本の責務をしっか
り果たしていきたい。


--------------------------------------------------------------------
[大臣のほんねとーく 〜 お答えします] 

 読者の方から、「外国人による凶悪犯罪に対して警察はどのような対策を
とっているのか」、「外国人犯罪が増えています。このままいくと外国人に
対する反感が高まり、善良な外国人が被害に遭うのでは」といったご意見が
寄せられています。そこで今回は、外国人犯罪対策について、村井大臣に説
明していただきました。  
村井国家公安委員会委員長/防災担当大臣村井国家公安委員会委員長/防災担当大臣プロフィール
● 国際化時代、外国人と共に暮らす社会を支える警察
  (村井国家公安委員会委員長/防災担当大臣)

 日本に来る外国人の数が、昨年初めて500万人を超えました。皆さんも
日常生活の中で、外国の方々と触れ合う機会が多くなってきていると思いま
す。

 一方、この間、不法に滞在する外国人による犯罪も急増し、例えば、昨年
警視庁が留置場に留置した者の約4分の1は外国人で、その犯罪の凶悪化や
組織化も進んでいます。

 当然のことながら、犯罪を犯す外国人は不法滞在者らごく一部です。合法
的に滞在し、政治や経済、学術文化の各分野で日本との友好や協力の架け橋
となっている外国の方々の名誉のためにも、外国人犯罪の急増により外国人
一般に対する偏見や誤解が生じるようなことは絶対に避けなければなりませ
ん。

 警察では、来日不法外国人による犯罪に対する取組みを、東京等の大都市
はもちろん、全国的に強化してきました。また、本年7月には、内閣に官房
長官を本部長とする国際組織犯罪等対策推進本部を立ち上げ、私も副本部長
として参画し、ピッキング対策、自動車盗難、偽造カードなどの問題に取り
組みました。

 ところで、来日外国人が関わる犯罪の捜査には、日本人のそれにはない特
有の難しさがあります。例えば、言葉や生活習慣の問題、出入国や海外逃亡
の問題、国外での身元捜査などなど、警察だけでは、あるいは国内だけでは
対応しきれない問題がたくさんあるのです。

 このため、警察では、国際捜査部門や通訳体制の強化に取り組んでいます
し、また、法務省入国管理局、外務省等の関係行政機関との協力、さらには
外国捜査機関との情報交換、捜査協力にも力を入れているところです。

 良好な治安は、我が国が世界に誇れる貴重な財産の一つです。このことは
我が国に滞在する全ての外国の方々にも感じて欲しいと思っています。新た
に日本で暮らす外国の方々が言葉や生活習慣、あるいは環境の違いからトラ
ブルを起こしたり、何らかの事故に巻き込まれたりすることを防ぐことにも
警察が力を注いでいるのは、このためでもあります。

 21世紀は、ますます国際化が進むこととなるでしょう。日本人であれ、
外国の方々であれ、我が国に滞在する方々みんなが安心して一緒に暮らすこ
とができるような社会を、治安の面から支えていきたいと思っています。


--------------------------------------------------------------------
[特別寄稿]
竹中経済財政政策担当大臣竹中経済財政政策担当大臣プロフィール

● 改革工程表:変わる日本、この一歩(竹中経済財政政策担当大臣)

 小泉内閣が進める構造改革の「工程表」が出来上がりました。改革を進め
るための「航海図」に相当するものです。

 「工程表」という言葉自体は、皆さんも新聞やテレビのニュースですでに
聞いておられるでしょう。でも正直なところ、何のことなのかピンとこない
方が多いのではないですか。ピンとこないのも当然です。そもそも、こんな
ものを政府が作って公表するのは、初めてなんですから・・・。

 小泉内閣では、構造改革を本格的に進めるため、6月に「今後の経済財政
運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針」を示しました。いわゆる「
骨太の方針」です。この基本方針に沿って、具体的にどのような政策を行う
のか、またどのようなスケジュールで行うのかをまとめて示したのが、この
「工程表」なのです。

 現実の工程表は、うんと要約したものでも約50ページに達します。それ
だけ、日本の政府が行っている政策が多岐にわたっているということでしょ
う。正直言って、この原本を見ても、なかなか政策の中身は伝わってきませ
ん。

 でも安心して下さい。政策の中身とそのスケジュールを、国民の皆さんに
分かりやすく示したパンフレットも作成しました。パンフレットは10月9
日ごろには完成する予定ですが、ホームページには写真などを除いた原稿が
既に載せられています。ぜひ、多くの方にご覧頂きたいと思います。

 さて、工程表に示された政策の中身ですが、今回のとりまとめにあたって
とりわけ力を入れた点がいくつかあります。第一は、不良債権の問題です。
政府はこれまでも金融庁を中心にこの問題に取り組んできましたが、今回、
銀行の検査や企業再生の仕組みを大幅に強化するための積極策を取り入れま
した。

 第二は、特殊法人の改革です。これについては、原則として廃止・民営化
を前提にしてすべての特殊法人等のあり方を検討することが決められていま
す。さらに今回、道路4公団、都市基盤整備公団、住宅金融公庫、石油公団
に関しては特に結論を急ぎ、年末までに閣議で正式決定することが織り込ま
れました。いよいよ、特殊法人が変わるのです。

 第三に、IT革命の推進に関連して、電子政府・電子自治体の実現を大幅
に早めること、民間の企業が未利用の光ファイバーを利用できるような規制
改革を進めること、が決まりました。専門家が、かねてから重要として指摘
してきた政策ばかりです。

 今回の措置で特徴的なのは、いずれについても小泉総理自身の強力なリー
ダーシップが発揮されたということです。元来経済の改革というのは、地道
な努力の積み重ねです。今回の工程表には、小泉改革が着実に進みだしたと
いう重要なメッセージがこめられていると思っています。

* 工程表の中で、改革を加速するために急いで実施するものを「改革先行
プログラム」と呼びます。既に中間取りまとめを終え、10月中下旬に最終
決定します。 

(注)「改革工程表」パンフレット(経済財政諮問会議)
 
http://www5.cao.go.jp/shimon/index.html


--------------------------------------------------------------------
[米国同時多発テロ事件関連情報]

● 首相官邸ホームページ

・ 小泉総理訪米(01/09/24〜26)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2001/09/24nitibei.html
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2001/09/25nitibei.html
  世界貿易センター跡の視察、パタキ・ニューヨーク州知事及びジュリア
 ーニ・ニューヨーク市長との会談、アナン国連事務総長との会談、ブッシ
 ュ米国大統領との首脳会談

・ 小泉総理の米国テロ被害者追悼・お見舞いの会出席(01/09/23)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2001/09/23tuitou.html
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2001/0923aisatu.html
  東京ビッグサイトで行われた米国テロ被害者追悼・お見舞いの会への小
 泉総理の出席の模様と挨拶の内容

・ その他
 http://www.kantei.go.jp/jp/saigai/terojiken/
  パキスタン・インドに対する緊急経済支援、G8共同声明と総理記者会
 見録、我が国の支援策7項目など、事件に関連する情報を順次掲載

● 外務省ホームページ
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/terro0109/
  外務副大臣のパキスタン訪問、在米日本大使館・在ニューヨーク総領事
 館からのお知らせ、外務大臣会見記録などの関連情報を掲載

--------------------------------------------------------------------
[小泉内閣の動き 〜 事件関連情報以外のもの]

● 医療制度改革試案(01/09/25)
 http://www.mhlw.go.jp/houdou/0109/h0925-2.html
  政府・与党社会保障改革協議会・ワーキングチーム合同会議において、
 少子高齢化社会に対応した医療制度の実現に向けた「医療制度改革」の厚
 生労働省試案について説明

● 「改革工程表」最終取りまとめ・「改革先行プログラム」中間取りまと
 めの決定(01/09/21)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2001/09/21keizaizaisei.html
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2001/0921aisatu.html
  経済財政諮問会議において、構造改革の具体的なスケジュールや内容を
 示す「改革工程表」と、工程表に盛り込まれる項目のうち緊急性の高いも
 のを取り上げた「改革先行プログラム」の中間取りまとめを決定
 
● 総合雇用対策の決定(01/09/20)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2001/09/20sangyoukouzo.html
 http://www.kantei.go.jp/jp/sangyoukouzou/kettei/920kettei.html
  産業構造改革・雇用対策本部において、緊急かつ重点的に取り組むべき
 雇用に関する政策を取りまとめた「総合雇用対策」を決定
  雇用の受け皿整備、雇用のミスマッチ解消、セーフティーネットの整備
 の3つの柱立てで構成


--------------------------------------------------------------------

[官邸のこんな話]

 歴史を彩るアールデコの大ホール

 官邸の正面玄関ホールを右に曲がると、組閣の記念撮影でおなじみの西階
段があります。この階段を抜けた左手に、総理主催の晩餐会や式典、表彰式
などを執り行う大ホールがあります。
 広さは322平方メートルで、細かな幾何学的な装飾の壁やアーチ状に優
美な曲線を描く天井など、当時流行のアールデコ様式を取り入れた華麗な空
間です。
 初めて使用されたのは、竣工3か月前の昭和3年12月、昭和天皇の即位
を祝う大礼奉祝夜会です。
 当初は床が「寄木の板の間」であったことから「舞踏室」と呼ばれていま
したが、現在は絨毯(じゅうたん)が敷かれています。また、入口上部には
楽団用の小さなスペースもあります。
 この大ホールは、要人を迎える様々な行事にも使われ、イギリスのエリザ
ベス女王や米国大統領など世界のVIPを招いての晩餐会や午餐会等が行わ
れ活発な官邸外交が繰り広げられました。
 また、沖縄返還協定の調印式(昭和46年)や日中平和友好条約の批准書
交換式(昭和53年)などの歴史的な式典、更には、国民栄誉賞の授与式、
オリンピック・パラリンピック優勝・入賞者の表彰など、さまざまな行事に
使われています。

※ 大ホールの写真
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2001/0927p.html

--------------------------------------------------------------------

[キーワード解説]

● ナノテクノロジー

 ナノとは10億分の1を表す単位のことで、ナノメートルというと原子や
分子の世界になります。(1ナノメートルは100万分の1ミリ!)
 ナノテクノロジー(nanotechnology)とは、ナノメートルという極めて小
さな世界で、原子や分子を操作したり、微小機械を製作する技術のことを言
います。
 原子や分子を積み木のように自由に組み立てられるようになると、例えば
小指の先より小さいコンピュータの助けを借りて世界の人と自由に会話を楽
しめるとか、体の中に入って具合の悪いところを治してくれる小さなロボッ
トの活躍で病気の心配がなくなるとか、いろいろな夢が実現できます。
 ナノテクノロジーは始まったばかりで、小指の先のコンピュータや小さな
ロボットはまだ先の話ですが、私たちのこれからの生活に非常に大きな影響
を及ぼす技術であることは間違いありません。国内でも、世界最先端のナノ
テクノロジー研究開発が多くの研究者によって行われています。
 科学技術創造立国の実現を目指す我が国は、科学技術基本計画において、
ナノテクノロジーをライフサイエンス、情報通信、環境とともに重点4分野
として位置づけており、今月20日に取りまとめられた総合雇用対策におい
ても、雇用の受け皿整備としての産業競争力強化策の一つとして、この4分
野に重点的に投資を行うこととしています。

--------------------------------------------------------------------
[編集後記]

 9月25日、警察、軍の厳重な警戒下にある首都ワシントンで、緊張感漂
う雰囲気のなか小泉総理はブッシュ大統領と首脳会談を行いました。
 キャンプデービッドの首脳会談以来、両首脳は確かな信頼関係で結ばれて
おり、今回の訪問でさらに絆は強まったように思います。
 困難な時の友人は真の友人と言います。日本はアメリカの友人である同盟
国として、国際社会の一員として何が出来るか、真価が問われていると思い
ます。(晋)

====================================================================
[小泉内閣メールマガジン]
配信中止・配信先変更・バックナンバーの閲覧は、以下のホームページから
ご自身でお願いします。
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

総編集長:内閣総理大臣 小泉純一郎 
編集長:内閣官房副長官 安倍晋三  
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)
国政に関するご意見・ご要望は以下のWebページからお願いします。
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/iken.html
転載を希望する場合は内閣広報室にご連絡下さい。