首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 コニュニケーション
 トップ小泉内閣メールマガジンバックナンバー
小泉内閣メールマガジン
 

小泉内閣メールマガジン 第31号 =========================== 2002/01/24

★☆ 今週のキーワード「ワークシェアリング」 ☆★
 雇用の維持・創出、雇用不安の解消という観点から社会的関心が高まって
います。(解説は最後に)
--------------------------------------------------------------------

□ 目次

[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]
● 今年は日韓国民交流年

[大臣のほんねとーく 〜 お答えします]
● 食と農と美の国づくりに向けて(農林水産大臣 武部勤)
● 「さらば3.14」って、本当!?(文部科学大臣 遠山敦子)

[小泉内閣の動き]
● 日韓親善大使の小泉総理表敬(02/01/22)
● 不審船事件の巡視船船長の報告(02/01/22)
● アフガニスタン復興支援国際会議(02/01/21)
● 構造改革と経済財政の中期展望の決定(02/01/18)
● 司法制度改革推進本部顧問会議(02/01/18)
● 平成14年度税制改正の要綱の決定(02/01/17)

[官邸のこんな話]
● 日本のトップを守るSP

====================================================================
[らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ]

小泉総理大臣小泉総理大臣プロフィール
● 今年は日韓国民交流年

 小泉純一郎です。

 2002年は、「日韓国民交流年」。

 ワールドカップ・サッカーをはじめ、様々な分野で交流事業が行われます。

 既に、両国の若手ミュージシャンによる共同制作CDが日韓同時発売され
たり、TVドラマや映画の合作が相次ぐなど、国民レベルの交流や文化面の
交流がかつてない拡がりを見せています。

 女優の藤原紀香さんを2002年日韓親善大使にお願いしました。韓国の
キム・ユンジンさんとともに、両国の交流に活躍していただきます。

 先日、お二人と官邸でお会いしました。キム・ユンジンさんは、映画「シ
ュリ」のヒロインを演じた女優。二人は、友情のあかしとして、サンガラッ
チというペアの指輪をはめていました。

 サンガラッチ(韓国語でサンは双、ガラッチは指輪の意味)は、韓国で古
くから婚約指輪として使われているもの。最近は、若者の間で、友情のあか
しとして交換しているらしく、二人のプレゼント交換の時に、キムさんから
藤原さんに贈られた由。

 この機会に、たくさんの方々が日本と韓国をお互いに訪問し、サッカーの
試合の観戦だけでなく、様々な文化や習慣に触れたりして、交流を深めてい
ただければと思います。

 今週は、アフガニスタン復興支援会議が東京で行われました。総額45億
ドル以上の支援が表明されるなど、大きな成果をあげることができました。

 アフガニスタンの将来は、アフガニスタンの人々が築いていくもの。「将
来は、援助される側よりも援助する側に回りたい。」というカルザイ暫定行
政機構議長の言葉に感銘を受けました。日本もできる限りの支援をしていき
たい。

 お互いの文化や習慣を知り、違いを受け入れ互いに尊重し、友好を深め、
信頼関係を築いていく。そうした積み重ねから、本当の国際交流が実現され
ると思います。


--------------------------------------------------------------------
[大臣のほんねとーく 〜 お答えします]

 読者の方から、「安全、安心な食品を求めます」、「もっと消費者のこと
を考えるべきだ」といったご意見が寄せられています。そこで、武部大臣に
食料政策について説明していただきました。
武部農林水産大臣武部農林水産大臣プロフィール
● 食と農と美の国づくりに向けて(農林水産大臣 武部勤)

 農林水産省は、今、「食と農と美の国づくり」に向けた農林水産行政全体
の改革を着実に進めています。そのなかで、私は、「食と農の一体化」を柱
の一つとし、生産と消費が直結した安全で安心できる食生活の実現を目指し
ていきたいと考えています。

 皆さんのなかには、「農林水産省は生産者の側に立った役所である」とい
うイメージをもっていらっしゃる方もいるかもしれません。私は大臣就任以
来、農林水産省は、生産者と消費者の間に立つべきだと申し上げてきました。
もちろん、生産者のための施策は大事な柱の一つですが、その施策は、必ず、
その先に消費者を見据えた食料政策として推進していかなければならないと
考えています。

 平成12年7月に当時の総理府が行った世論調査では、食料品を購入する
際に約8割が国産品を選択すると答え、その理由として「安全性」、「新鮮
さ」などを挙げています。

 この調査結果からも、消費者の国産品に対する期待、国内農業者に対する
期待が読みとれるのではないでしょうか。

 また、生産者と消費者との「顔の見える関係」の確立は、食料自給率の向
上にも寄与すると考えています。現在、我が国の食料自給率はカロリーベー
スで40%を切ろうとしています。OECD加盟国30ヶ国中28番目とい
う低水準です。食料自給率向上のためにも、生産者による国産農産物の新た
な価値の創出などの努力と消費者の国産農産物の利用の促進などについての
理解をお願いしたいと思います。

 農林水産省としても、「コミュニケーション」をキーワードとして、皆さ
んとのコミュニケーションを十分に図るとともに、消費者と生産者とのコミ
ュニケーションを通じた「顔の見える関係」の確立を目指して努力していき
たいと考えています。

遠山文部科学大臣遠山文部科学大臣プロフィール
● 「さらば3.14」って、本当!?(文部科学大臣 遠山敦子)

 今回は、今年の4月から小・中学校で全面実施される新しい学習指導要領
について、お話しします。

 皆さんのまわりにも、たとえば「新しい学習指導要領では円周率を3.1
4ではなく3としか教えなくなる」とか、「学校で教える漢字の数が減る」
と誤解しておられる方がいらっしゃるのではないでしょうか。でも、そんな
ことはありません。

  新しい学習指導要領の基本的なねらいは、「生きる力」、つまり、基礎・
基本を確実に身につけた上で、それをもとに、自分で課題を見つけ、学び、
考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力や、豊かな人
間性、健康と体力などを育むことです。

 このため、一人ひとりの理解の速度に応じてきめ細かい指導ができるよう、
全員に一律に教える内容は一定程度精選し、十分に理解できていない子には
時間をかけてしっかり教え、理解の速い子にはどんどんその力に合った内容
を教えられるようにしようというものです。

 教育内容の精選についても、ただ単純に減らすのではなく、(1)高度に
なりがちな内容を上の学年や学校段階に移して、もともと上の段階で扱って
いた内容と合わせて体系的にわかりやすく指導する、(2)各学校段階・学
年・教科の間で重複していた内容をなるべくまとめて指導するといった工夫
を行い、内容を再整理したのです。

 たとえば、小学校で学ぶ円周率については、「3.14」と教えるだけで
はなく、それが本当は「3.14・・・」とどこまでも続く数であって、「
3.14」も概数にすぎないことを、今までと変わらずきちんと教えます。
円周率については、従来から「目的に応じて3を用いる」こともできるとし
ていますが、これは、おおよその長さが知りたい場合には3を用いて計算す
るなど、状況に応じて自分の判断で使い分けられるようになってもらいたい
からです。

 この新しい学習指導要領の考え方や、円周率と同じような「誤解」につい
ては、下記の文部科学省のホームページでもっと詳しく説明しています。ぜ
ひご覧いただきたいと思います。
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/youryou/111/020101.htm

 また、教育改革に関するいろいろな御意見は、(voice@mext.go.jp)にお
寄せください。


--------------------------------------------------------------------
[小泉内閣の動き]

● 日韓親善大使の小泉総理表敬(02/01/22)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2002/01/22taisi.html
  2002年日韓親善大使の藤原紀香さんと金允珍(キム・ユンジン)さ
 んが小泉総理を表敬訪問

● 不審船事件の巡視船船長の報告(02/01/22)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2002/01/22husinsen.html
  昨年12月の九州南西海域における不審船事件で出動した巡視船の船長
 が、事件当時の現場海域の状況や不審船への対応などを小泉総理に報告

● アフガニスタン復興支援国際会議(02/01/21)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2002/01/21afugan.html
  小泉総理のオープニング・スピーチの内容や、カルザイ・アフガニスタ
 ン暫定行政機構議長らとの会談の模様

● 構造改革と経済財政の中期展望の決定(02/01/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2002/01/18keizai.html
  経済財政諮問会議において、今後5年間の経済運営の指針となる「構造
 改革と経済財政の中期展望」を決定

● 司法制度改革推進本部顧問会議(02/01/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2002/01/18sihou.html
  司法制度改革を推進するため、各界の有識者を集めて設置された顧問会
 議の第1回会合

● 平成14年度税制改正の要綱の決定(02/01/17)
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2002/01/17zeisei.html
  平成14年度税制改正の要綱を閣議決定し、税制調査会で説明
  連結納税制度の創設、中小企業関係税制に関する特別措置など

--------------------------------------------------------------------
[官邸のこんな話]

● 日本のトップを守るSP

 総理の身辺は、いつもSP(セキュリティ・ポリス)に警護されています。
その昔は、目立たぬように警護する方式でしたが、昭和50年、佐藤元総理
の国民葬で、当時の三木総理が暴漢に顔面を殴打されるといった事件をきっ
かけに、警護員が前面に出る、今のスタイルに転換されました。名称も、米
国大統領警護官のSS(シークレット・サービス)にならって、SPと変え
られました。
 SPは警視庁の警護課に所属する警察官です。女性SPも昭和59年に誕
生しました。SPになるには厳しい条件があり、身長173センチ以上、柔
道か剣道3段以上、けん銃上級で、注意力、忍耐力、判断力などが優れてい
なくてはなりません。また、総理の外国訪問にも同行するので、英会話能力
も求められています。
 SPの勤務は、総理のスケジュールに合わせているので、時には寝る時間
もないほど忙しくなります。また、警護中は一瞬の気の緩みも許されず、ト
イレに行く時間も制約されるので、ふだんから水分摂取にまで気を使ってい
るそうです。まさに、日本のトップを守る「盾」としての誇りがあってこそ
できる仕事ではないでしょうか。
 SPのおかげで、総理も安心して職務に専念できるわけです。

※ SPの訓練風景の写真
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2002/0124p.html

--------------------------------------------------------------------
[キーワード解説]

● ワークシェアリング

 ワークシェアリング(work sharing)とは、労働者一人あたりの労働時間
を短縮することによって、より多くの人で「仕事を分かち合う」ことをいい
ます。
 ワークシェアリングを導入する目的としては、(1)厳しい雇用情勢下に
おける緊急避難的な企業内の雇用維持、(2)短時間勤務による雇用延長の
実施など高年齢層の雇用維持、(3)法定労働時間の短縮による新たな雇用
創出、(4)労働者の価値観の変化を背景とした多様な働き方の実現などが
挙げられます。
 ワークシェアリングには、雇用の維持・創出、雇用不安の解消という観点
から社会的関心が高まっています。海外では、80年代にオランダが政労使
三者の合意の下で全国的に取り組んだ例が有名です。
 ただし、実際の導入にあたっては、労働時間の短縮に伴う賃金の減少を誰
が負担するのか、短時間勤務(パートタイム)となる社員とフルタイム社員
の待遇の差をどうするのかなど、様々な点についての検討が必要です。

--------------------------------------------------------------------
[編集後記]

 先週インドネシアを訪問した際、小泉総理は英雄墓地を訪れ、照り付ける
強烈な日差しの中献花式を行いました。この墓地にはインドネシア独立のた
めに殉じた人々をはじめ多くの英雄が眠っています。その中には20数名の
日本人も含まれているということです。戦後2,000名近くの日本兵がこ
の地に残り、独立のために英雄達と共に戦いました。
 彼らを手厚く遇して頂いたインドネシアの人達に感謝しつつ、残って共に
戦うという選択をした日本人に思いを馳せました。
 今週の「官邸のこんな話」は、「SP」です。日夜の別なく総理を護る過
酷な仕事です。いつも黙々と仕事をこなす黒子のSPにスポットライトをあ
ててみました。(晋)
安倍内閣官房副長官プロフィール安倍内閣官房副長官
====================================================================
[小泉内閣メールマガジン]

配信に関する手続き、ご意見などは以下のホームページからお願いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/
<ご意見・ご感想、配信に関するお問い合わせなど>
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/iken.html
<携帯電話からの読者登録>
*http://www.kantei.go.jp/k/

総編集長:内閣総理大臣 小泉純一郎 
編集長:内閣官房副長官 安倍晋三  
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)