国際平和協力懇談会座長

明石 康


あかし   やすし
明石 康



 元国連事務次長

 生年月日 昭和 6年 1月19日



学 歴
東京大学教養学部卒業
バージニア大学大学院修了(フルブライト奨学生として)

職 歴
昭和32年 2月国連入り(日本人初)
事務局政治安保理局、特別政治問題担当事務次長室、
事務総長官房で勤務
昭和49年国連日本政府代表部参事官、その後、公使、大使を歴任
昭和54年 5月国連広報担当事務次長
昭和62年 3月 〃 軍縮担当事務次長
平成 4年 1月 〃 事務総長特別代表(カンボジア暫定統治機構)
平成 6年 1月 〃 事務総長特別代表(旧ユーゴスラビア担当)
平成 7年11月 〃 事務総長特別顧問
平成 8年 3月 〃 人道問題担当事務次長
平成 9年12月国連退官
平成10年 4月広島平和研究所初代所長(平成11年2月まで)

現 職
スリランカ国平和構築及び復旧・復興担当の日本政府代表
日本紛争予防センター会長
人口問題協議会会長
日本国際連合学会理事長
群馬県立女子大学外国語教育研究所所長
立命館大学大学院及び東洋英和女学院大学客員教授

主な著書
『国際連合―その光と影』(岩波書店)
『国連ビルの窓から』(昭和59年サイマル出版会)
『国連から見た世界』(平成4年、サイマル出版会)
『An Agenda for Hope---The UN in a New Era』(平成5年サイマル出版会)
『忍耐と希望――カンボジアの560日』 (平成7年朝日新聞社)
『平和への架け橋』(平成8年講談社)
『生きることにも心せき』(平成13年6月中央公論新社)