首相官邸  
安倍内閣メールマガジン トップページへ

毎週メールマガジンをお届けします
配信登録はこちらから
(パソコン版・携帯版・英語版)
メールマガジン登録
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
     安倍内閣メールマガジン(創刊準備号 2006/10/05)     
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

★☆ 政府インターネットテレビがリニューアル! ☆★
 http://nettv.gov-online.go.jp/


□ 目次

[こんにちは、安倍晋三です]
● 「美しい国創り内閣」の発足

[東奔西走]

[政府インターネットテレビ番組ガイド]
● 01ch「安倍内閣発足後の記者会見」 など

[安倍内閣の動き]
● 第165回国会で所信表明演説 など

====================================================================
[こんにちは、安倍晋三です]
安倍総理大臣 プロフィール 英語版はこちらから

● 「美しい国創り内閣」の発足

 こんにちは、安倍晋三です。

 平成18年9月26日、第90代内閣総理大臣に就任いたしました安倍晋
三です。戦後生まれ初の総理として、重責を与えられたことに身のひきしま
る思いです。国民のみなさまの期待をしっかりと受けとめ、身命を賭して職
務に取り組んでまいります。

 私は、毎日額に汗して働き、家族を愛し、未来を信じ、地域をよくしたい
と願っているすべての国民のための政治をしっかりと行っていきたい。その
ために「美しい国創り内閣」を組織いたしました。

 かつて、日本を訪れたアインシュタインは、「日本人が本来もっていた、
個人に必要な謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、それらのすべてを
純粋に保って、忘れずにいてほしい」という言葉を残しました。

 日本は、世界に誇りうる美しい自然に恵まれた長い歴史、文化、伝統を持
つ国です。アインシュタインが賞賛した日本人の美徳を保ちながら魅力あふ
れる活力に満ちた国にすることは十分可能です。日本人にはその力がある、
私はそう信じています。

 今日よりも明日がよくなる、豊かになっていく、そういう国を目指してい
きたい。世界の国々から信頼され、そして尊敬され、みんなが日本に生まれ
たことを誇りに思える「美しい国、日本」をつくっていきたいと思います。

 メールマガジンで総理大臣が直接、国民にメッセージを送るという取り組
みは、小泉内閣が始めました。私は、その初代編集長として、どんなメッセ
ージを届けるか、内閣の政策を理解してもらうには、どんな誌面構成がよい
かと毎週頭をひねり、自らの考えも編集後記の中で随分言わせていただきま
した。

 読者の反応は、するどいものです。自分の意見をにじませたときは、賛否
両論を含めて大きな反響をいただきました。直接対話の重みを実感させられ
ました。

 メルマガ編集長をはなれてからも、私は、いろいろな人と話をする機会を
大切にしてきました。

 いろいろな仕事を経験されて農業に再チャレンジした人。定年した後伝統
文化の世界で活躍している人。非行少年の就職を支援している人。ホームレ
スから立ち直った人。起業を目指すフリーター。障害者が安心して外出でき
るようなまちづくりを訴える車椅子利用者。高齢者の雇用に取り組んでいる
企業などなど。

 日本全国北から南まで、大勢の方々と話し合ってきました。何かに挑戦し
ようとしている人たちのご意見は大変参考になります。

 机上の議論だけでなく、実際にどういうことが必要なのか、何にみんなが
困っているのか、苦しんでいるのか、壁は何なのか、いろいろな人の話を聞
いていくことが、本当に求められている施策につながっていくものだと思い
ます。

 私は、みなさんの声をよく聞いて、この国を自信と誇りがもてる国にして
いきたい。チャレンジ精神と熱意を持ち、国民のみなさんに、政府が何を考
え、何をしようとしているのか、私の言葉で、わかりやすくお伝えしていき
たい。

 メールマガジンはみなさんと安倍内閣を直接つなぐ大切なホットライン。
これを上手に使って、開かれた内閣と安倍晋三個人の人間性をたっぷり紹介
していきたいと思います。

 みなさんも、気軽にどんどん政府に対して、いろいろな意見を伝えていた
だきたいと思います。

 おとといの朝、「赤い羽根共同募金」に寄付しました。官邸まで来てくれ
た女子高校生が、私に赤い羽根をつけてくれました。毎日、国会審議で緊張
が続いていますが、このときばかりは、すがすがしい気持ちになりました。
(晋)

--------------------------------------------------------------------
[東奔西走]

 はじめまして。安倍内閣メールマガジンの編集長をおおせつかった広報担
当の総理補佐官の世耕弘成です。

 安倍総理は、国民の皆さんとの対話を何よりも大切にしていきたいと考え
ています。このため、メールマガジンでは安倍総理をはじめ内閣のメッセー
ジを皆さんに直接届けていきたいと思います。

 総理メッセージのコーナーには総理自身が「こんにちは、安倍晋三です」
と名前をつけました。総理の生の声をお届けします。

 各大臣のコーナーは「ホワイエの誓い」です。この名前の由来は次号以降
で解説したいと思います。まずは由来について想像を巡らせてみてください。

 がんばる地方、再チャレンジする人を応援することが安倍内閣の大きな仕
事。「この人に聞きたい」というコーナーで、各地にいるこの道一筋の人、
額に汗してがんばっている人の声などを紹介していきたいと思います。

 「東奔西走」は編集長である私のコラム。安倍総理も、かつて小泉内閣メ
ールマガジンで編集長を務めた経験から思い入れも深く、企画や構想につい
ていろいろと注文があり、私もなかなか大変です。内閣をあげて親しみやす
いメルマガにしていきたいと思いますので、みなさんの応援をよろしくお願
いいたします。(せこう)

世耕内閣総理大臣補佐官プロフィール世耕内閣総理大臣補佐官プロフィール
--------------------------------------------------------------------
[政府インターネットテレビ番組ガイド]

●新着情報

 <01ch>安倍総理のライブ・トーク官邸
   安倍内閣発足後の記者会見

 <02ch>週刊総理ニュース(06/09/26〜10/01)
   安倍内閣の発足、第165回国会所信表明演説

 <03ch>総理の動き
  ・安倍内閣の発足
  ・第165回国会所信表明演説

 <12ch>大臣のほんね
   安倍内閣閣僚記者会見

 <51ch>防災チャンネル
   今日から始めよう 身近な防災〜自分が被災者にならないために〜

※ 政府インターネットテレビ
 http://nettv.gov-online.go.jp/

--------------------------------------------------------------------
[安倍内閣の動き]

● 拉致被害者御家族との面談(06/09/29)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2006/09/29rati.html
  横田滋さんをはじめとする拉致被害者御家族と総理大臣就任後初めて面
 談

● 第165回国会で所信表明演説(06/09/29)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2006/09/29syosin.html
  活力に満ちたオープンな経済社会の構築、健全で安心できる社会の実現、
 教育再生など、「美しい国」の実現のための所信を表明

● 内閣発足特集(06/09/26〜27)
 ・ 安倍内閣発足後の総理大臣記者会見、閣僚名簿など
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2006/09/26hossoku.html

 ・ 副大臣及び大臣政務官の決定
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2006/09/27fukudaijin.html

--------------------------------------------------------------------
[ご意見、ご感想]

 おんらいん読者感想
  ※メールマガジンの登録者が対象です。(10月9日まで)

====================================================================
[安倍内閣メールマガジン]

<配信先変更・配信中止>
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

総編集長:内閣総理大臣 安倍晋三
編集長 :内閣総理大臣補佐官 世耕弘成
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)