首相官邸  
安倍内閣メールマガジン トップページへ

毎週メールマガジンをお届けします
配信登録はこちらから
(パソコン版・携帯版・英語版)
メールマガジン登録
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
   安倍内閣メールマガジン(第22号 2007/03/22)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

□ 目次

[こんにちは、安倍晋三です]
● 勇とは義しき事をなすことなり

[ホワイエの誓い]
● 未来ある若者の自立のために(厚生労働大臣 柳澤伯夫)

[お答えします]
● 財政再建団体(回答者 総務大臣政務官 土屋正忠)

[この人に聞きたい]
● 駐在所勤務員としての喜び
 (警視庁町田警察署南大谷駐在所 坂本崇)

[東奔西走]
 (編集長 世耕弘成)

[政府インターネットテレビ番組ガイド]
● 総理の動き「防大卒業生へのメッセージ」 など

[安倍内閣の動き]
● 日本・シンガポール共和国首脳会談 など

====================================================================
[こんにちは、安倍晋三です]
安倍総理大臣 プロフィール 英語版はこちらから

● 勇とは義しき事をなすことなり

 こんにちは、安倍晋三です。

 卒業式のシーズンです。たくましく成長して巣立っていくお子さんたちの
姿を見るご家族の方々の感慨はひとしおでしょう。

 18日、防衛大学校の卒業式が行われました。内閣総理大臣として初めて、
かつ、防衛省になってから初めての卒業式です。国の安全を守るために働く
ことを決意した防大生。希望に燃えて目を輝かせている彼らの前に立ったと
きは、特別の感慨をおぼえました。

 第二次世界大戦を戦ったイギリスのチャーチル首相の回顧録を引きつつ、
「思索し、決断する幹部であってほしい」と餞(はなむけ)の言葉を贈りま
した。「諸君が将来直面するであろう危機に臨んでは、右と左を足して二で
割るような結論が、状況に真に適合したものとはならない。情勢を的確に分
析し、自らの信ずるところに従って的確に決断せよ」と。

 昭和35年、当時の首相、私の祖父である岸信介は、多くの反対を受ける
中で、日米安保条約の改定を貫きました。自分が進む、この道に間違いはな
いという信念、たとえ多くが反対しようとも、日本と国民を守るという断固
たる使命感があったからこそ、これを実現できたのだと思います。

 国民の生命、身体、財産を守ること。そして、世界の平和と安定に貢献す
ること。これは内閣総理大臣としての究極の責務だと自覚しています。我々
のまわりには、北朝鮮による拉致問題、核開発、弾道ミサイルの発射を始め、
地域紛争、大量破壊兵器の拡散といった現実があります。私たちは、不透明、
不確実な時代を生きています。

 こうした不確実な時代に対応した安全保障のありかたを常に考えていかな
ければなりません。

 これに先立って、13日には、オーストラリアのハワード首相と安全保障
協力に関する共同宣言に署名しました。オーストラリアは、イラクの復興支
援、テロとの闘いなどの課題で、ともに協力してきたアジア太平洋のパート
ナーであり、経済はもとより、安全保障の上でも、極めて重要な国です。

 日米同盟を基本とし、これを更に強めていく一方で、自由、民主主義、基
本的な人権、法の支配といった基本的な価値を共有する国々との信頼関係を
深めていくことも私の重要な仕事です。

 「勇とは義(ただ)しき事をなすことなり」

 新渡戸稲造の「武士道」にある言葉です。防衛大学校の卒業生に私の挨拶
の結びとして贈ったこの言葉は、国の舵取りをつかさどるものとして、私自
身の教訓と考えています。(晋)

※ 防大卒業生へのメッセージ
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1047.html

--------------------------------------------------------------------
[ホワイエの誓い]

柳澤大臣プロフィール


● 未来ある若者の自立のために(厚生労働大臣 柳澤伯夫)

 こんにちは。厚生労働大臣の柳澤伯夫です。

 読者の皆さん、「サポステ」という場所をご存じですか。

 「サポステ」とは、「地域若者サポートステーション」の略称です。仕事
も通学も家事もしていない「ニート」と呼ばれている人たちとコミュニケー
ションをとり、悩みや不安などの相談にのって、最終的には生き方や仕事を
見つけるのを手伝う施設で、全国に25カ所あります。

 先日、私は、東京都足立区にある「あだち若者サポートステーション」を
訪れる機会がありました。

 ニートの人たちとの相談にのっている人からは、「来所する若者の多くは
孤立しています。言いづらい悩み事などを話してもらいながら、まず、前向
きになってもらい、次のステップに進んでもらっています。扉はいつでも開
いています。」というお話をお伺いしました。スタッフが本当にその人の身
になって相談にのっている姿が大変印象的でした。

 また、ここを利用している若者から寄せられた感想シートには「親身に話
を聞いてもらったことで、精神的に楽になりました」、「最高の『居場所』
でした」、「就職でき、やっとスタート地点に立てました」といった声が素
直に綴ってありました。若者が自立していくには心を許し話し合える人がい
る、このような場所が必要だという思いを強くした訪問でした。

 ニートの人たちは全国にまだ60万人以上もいると言われています。社会
に出てゆくことに自信を持てず不安を抱えておられるこのような若者たちの
自立を支援することは容易なことではありませんが、NPO、地方自治体、
学校、保健所、ハローワークなどがネットワークを組んで一生懸命取り組ん
でいます。

 ニートの人たちも含め、様々な理由で満足のいく仕事に恵まれていない若
者一人ひとりに光をあて、将来の社会の担い手として輝いていただくお手伝
いをすることが、私たち厚生労働省の使命と考えています。

 皆さまのご理解と温かいご支援をぜひともお願いします。

※ 地域若者サポートステーション
 http://www.ys-station.jp/index.html

※ 大臣の写真
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2007/0322a.html


--------------------------------------------------------------------
[お答えします]

編集部注)メールマガジンや官邸HPに現在色々な質問が寄せられています。
    各府省庁で行政を担当している副大臣・政務官がそれらの質問に回
    答いたします。

●質問

 「地方では、財政難の自治体が多いと思いますが夕張市のように財政再建
団体には国はどのように対応されるのでしょうか。」

土屋総務大臣政務官プロフィール

●回答 (総務大臣政務官 土屋正忠)

 総務大臣政務官の土屋です。

 私は武蔵野市長として長く市の運営にたずさわっておりましたし、かねて
より夕張市の実情を確かめたいと思っていましたが、1月21日に訪問する
ことができました。特に財政再建において課題となる施設を視察したり、主
要幹線から奥に入った集落の端までできる限り足を伸ばし、地域の実態や市
民の皆様の暮らしぶりを理解することに心がけました。その上で、夕張市の
財政再建の検討にあたっては、未来を担う子どもたちや長年ご苦労された先
輩方が安心して暮らせるよう対応したいと考えました。

 そこで夕張市の財政再建についてですが、これは夕張市の責任において行
うことが基本であり、財政再建計画では、徹底した歳入歳出の見直しが行わ
れることになっています。その中にあって、地域の実情に応じた高齢者と子
どもへの配慮がなされており、また、赤字の計画的な解消が可能であると判
断されたことから、3月6日に総務大臣が同意したものです。

 なお、夕張市の平成18年度の実質収支比率(赤字比率)は、マイナス
800%を超えるという、他の団体とはかけ離れた数値(2番目に高い団体
の比率は15.6%)になる見込みであるなど、他に類例を見ない厳しい状
況にあります。夕張市では、多額の赤字を見えなくする不適正な財務処理を
行っていたものであり、極めて特殊なケースです。

 したがって、その他の団体と夕張市とを比較して議論するのは適当ではあ
りませんが、公債費や高齢化の進展等に伴う社会福祉関係費の増加などによ
り、平成17年度決算では、都道府県で2団体、市町村で26団体が赤字団
体となるなど、厳しい状況が続いていることも事実です。

 総務省としては、これまでも各地方公共団体に対し、自ら財政状況を分析
し、事務事業の見直しや歳出全般の効率化を行うとともに、計画的な財政健
全化に取り組むよう要請してきていますが、財政が悪化した地方公共団体の
再建は、当該団体の責任において、徹底した歳出削減、歳入確保の努力を行
うことが必要です。

 その上で、総務省としては、今後の地方公共団体の財政悪化を情報開示の
徹底などにより早期に防止するとともに、確実な財政の健全化を図るための
制度を速やかに整備することが重要と考え、そのための法案を、3月9日に
国会に提出したところです。

 今後、国会で御審議をいただくことになりますが、総務省としても地方公
共団体の財政健全化に向け、努力してまいりますので、今後とも国民の皆様
の御理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------
[この人に聞きたい]

坂本氏プロフィールプロフィール

● 駐在所勤務員としての喜び
 (警視庁町田警察署南大谷駐在所 坂本崇)

 私の勤務する町田警察署南大谷駐在所は、町田市内のほぼ中心部に位置し、
周囲はほとんどが住宅街です。平成10年4月から南大谷駐在所に勤務し、
私の一日は、毎朝、近くの小学校の児童たちに「おはよう。しっかり勉強す
るんだよ。」と声をかけることから始まります。その後、連日のように発生
する交通事故や事件の処理などに追われ、時間の合間を活用して巡回連絡等
を行っています。

 このほかにも、月に1回程度、敬老会の皆さんから防犯指導の依頼があり、
昼食を共にしながら、振り込め詐欺や交通事故防止の話をして注意を呼びか
けています。

 また、最近では、相談事案も多くなり、先日も一人暮らしの79歳の女性
から10年以上も前のことが原因で嫌がらせの電話がかかってくるとの相談
を受け、何度も足を運んで相談にのっているうちに、嫌がらせの電話がなく
なり、この女性から「感謝の手紙」(町田警察署長宛)をいただきました。

 毎日が忙しく、駐在所を留守にしている間は、一緒に暮らす妻と3人の子
供たちに不安な思いをさせることもありますが、同僚や上司の協力を得なが
ら、駐在所勤務員としての誇りと自覚を持って、「地域住民のため」をモッ
トーにがんばっています。

 ところで、私の前任者は、今年2月6日に線路内に入った女性を助けよう
として電車にはねられ、帰らぬ人となった板橋警察署の宮本警部です。

 宮本さんが南大谷駐在所に勤務していた当時は、新聞やテレビで紹介され
た常盤台交番における勤務ぶりそのもので、地域のため、住民のために一生
懸命に取り組んでおられ、雨の日も、風の日も、毎朝、通学路の横断歩道に
立ち、子供たちに「おはよう」と元気よく声をかけて安全を見守るなど、一
途に仕事に取り組んでいたそうです。駐在所を訪れた方や、巡回連絡で訪問
したお宅で、地域に根付き、使命感に満ちた宮本さんの活動ぶりを耳にする
たびに、故人の警察魂を感じずにはいられません。

 ご冥福をお祈りするとともに、私も宮本警部の精神を受け継ぎ、駐在所勤
務に励んでまいります。

※ 駐在所全景
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2007/0322c.html

--------------------------------------------------------------------
[東奔西走]

 最近安倍総理は自身のことを「漢方薬タイプの総理大臣だ」と表現するこ
とがあります。

 小泉前総理のように効き目のはっきりした特効薬ではなく、服用し始めた
時には効果がはっきり自覚できないが、長い間服用していると体質全体が良
くなっている。そういう意味です。

 日中関係の改善、教育再生への取り組み、日本版NSC、地域再生、成長
力底上げ、公務員制度改革等々、安倍総理は国民が解決を期待するテーマに
真摯に向き合い、対策を打ち出していくタイプであるといえます。

 ひとつひとつの政策に真剣に取り組み、将来国民が効果を実感できるよう
な成果を残していく。自分のことを「漢方薬」と表現する総理からは、そん
な決意が感じられます。(せこう)

世耕内閣総理大臣補佐官プロフィール世耕内閣総理大臣補佐官プロフィール

--------------------------------------------------------------------
[政府インターネットテレビ番組ガイド]

●新着情報

<2CH>週刊総理ニュース(07/03/12〜18)
   防衛大学校卒業式、日・豪首脳会談、中高校生の総理表敬 など
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1048.html

 <3CH>総理の動き
   防大卒業生へのメッセージ(07/03/18)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1047.html

 <12CH>大臣のほんね
   高市早苗内閣府特命担当大臣(後編)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1049.html

 <23CH>暮らしのお役立ち情報
   政府広報CM「飲酒運転防止『逆回転篇』」

 <24CH>行政の現場から
   イラクで、そしてクウェートで〜イラク人道復興支援活動〜

 <41CH>映像ミュージアム
   京都御所

 <61CH>Cool Japan
  ・Asteroid Adventure: The HAYABUSA Mission
  ・Prime Minister's Week in Review

--------------------------------------------------------------------
[安倍内閣の動き]

● 日本・シンガポール共和国首脳会談(07/03/19)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2007/03/19singapore.html
  リー首相と二国間関係、北朝鮮問題などについて意見交換後、日・シン
 ガポール経済連携協定改正議定書の署名式に出席

● 防衛大学校卒業式で訓示(07/03/18)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2007/03/18boudai.html
  「高い規律と士気を保持し、世界の平和と安定という崇高な使命のため
 に、任務を遂行することを期待します」と訓示

● 民間国連ヤング大使の総理表敬(07/03/16)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2007/03/16young.html
  開発途上国の薬物乱用防止活動を支援するため、ウィーンの国連薬物犯
 罪オフィスに派遣される6名の中高生が安倍総理を表敬

--------------------------------------------------------------------
[ご意見、ご感想]

 おんらいん読者感想
  ※メールマガジンの登録者が対象です。(3月25日まで)

====================================================================
[安倍内閣メールマガジン]

<配信先変更・配信中止>
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

総編集長:内閣総理大臣 安倍晋三
編集長 :内閣総理大臣補佐官 世耕弘成
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)