首相官邸
安倍内閣メールマガジン トップページへ

毎週メールマガジンをお届けします
配信登録はこちらから
(パソコン版・携帯版・英語版)
メールマガジン登録
 
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
      安倍内閣メールマガジン(第37号 2007/07/12)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

★☆ 「安倍総理のライブ・トーク官邸」 ☆★

 7月7日(土)に北海道洞爺湖町で開催されたサミット1年前七夕イベントに
安倍総理が官邸からテレビ会議を通じて参加し、現地の小学生達と交流した様子を
ご覧いただけます。
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1262.html

--------------------------------------------------------------------
□ 目次

[こんにちは、安倍晋三です]
● プロの意識

[お答えします]
● 食肉偽装問題への対応(回答者 農林水産大臣政務官 永岡桂子)

[この人に聞きたい]
● 「北海道洞爺湖サミット」を通じて、子どもたちに夢と希望を
 (北海道知事 高橋はるみ)
● 島耕作にみる日本の「美」
 (「美しい国づくり」企画会議メンバー、漫画家 弘兼憲史)

[年金記録問題について]

[官邸こぼれ話]
● 気品溢れる桔梗の花

[政府インターネットテレビ番組ガイド]
● 美しい国「真鍋かをりの「美しい森林づくり、しましょ!」」など

[安倍内閣の動き]
● 年金記録問題検証委員会中間段階報告 など

[編集後記]

====================================================================
[こんにちは、安倍晋三です]
安倍総理大臣 プロフィール 英語版はこちらから
● プロの意識

 こんにちは、安倍晋三です。

 先週、九州、四国地方は大雨にみまわれ、住宅の全半壊や浸水、土砂崩れ
などの被害がでています。

 お亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、被害にあわ
れた方々に心からお見舞いを申し上げます。政府は、引き続き警戒を怠らず、
災害に備えてまいります。

 年金記録の問題については、最後の一人までチェックして必ずお支払いす
ることをお約束させていただきました。政府は、一歩一歩着実に対策を進め
ています。

 年金記録を確認するための第三者委員会は、判断基準をとりまとめました。

 ご家族で一緒に支払ってきたのに、一人だけ記録がなくなっている人、町
内で集金していたのに自分だけ払っていないことになっている人、いろいろ
な事例があると思います。

 領収書がなくても、銀行通帳、給与明細、家計簿など、何か手がかりにな
るものをお持ちください。手がかりがまったくなくても、お話をよく聞きな
がら、みなさんの立場にたって調査を行い、判断をしていきます。

 来週にも、全国50箇所に第三者委員会の地方委員会を立ち上げ、みなさ
んからの申立ての受付を開始します。

 検証委員会においては、松尾前検事総長の下で、今回の問題の原因と責任
の所在について、徹底的な調査が行われています。

 照合された年金記録の通知は、今年の12月からみなさんのお手元に届く
ようにします。来年の10月までには、すべてのみなさんにお届けします。

 昨日、東京商工会議所を訪問しましたが、多くの企業などが、社会保険労
務士の方々の協力を得ながら、この問題に対する相談窓口を設けてくださる
ことになっています。政府だけにとどまらず、まさにオールジャパンでの取
組みです。

 今後とも、やるべきことはすべてやる、との姿勢で、この問題の解決に向
けて、全力で取り組んでまいります。

 大リーグ・オールスター戦で、イチロー選手がMVPに輝きました。果敢
に本塁へと飛び込んだランニングホームランには、スタジアムの中だけでな
く、テレビで見ていたすべての人が、魅了されたに違いありません。

 イチロー選手は、前日の会見で、「見ている人に楽しんでもらえることが、
僕にとって一番大事なこと」と語っていたそうです。高いプロ意識を感じさ
せる言葉ですが、あのプレーは、まさにその言葉どおりのものでした。

 どんな状況にあろうとも、自らのなすべきことを見失うことなく、そして、
それを必ず成し遂げる。イチロー選手のプロ意識に、身の引き締まる思いで
した。(晋)

--------------------------------------------------------------------
[お答えします]

編集部注)メールマガジンや官邸HPに現在色々な質問が寄せられています。
    各府省庁で行政を担当している副大臣・政務官がそれらの質問に回
    答いたします。

●質問

 農林水産副大臣に質問。ミンチ肉偽装に関しては重大な関心をもって行政
の処置を見守っています。消費者は完全に騙され続けているわけで、食の安
全・安心を踏みにじった行為に対しては業務停止処分にしてほしいがいかが
でしょうか。(男、60代、無職、福島県)

永岡政務官 プロフィール
●回答 (農林水産大臣政務官 永岡桂子)

 こんにちは、農林水産大臣政務官の永岡桂子です。本件については、私が
大臣を直接補佐していますので、私からお答えいたします。

 今回のミートホープ社によるミンチ肉偽装ですが、極めて重大な案件であ
り、皆さんのお怒り、ご不安は、おっしゃるとおりです。農林水産省には、
食の安全と消費者の信頼の確保が重要な責務として課されています。本件に
しっかり取り組み、再発防止、食の安全と消費者の信頼の確保に努めてまい
ります。

 私も当選するまでは主婦でしたので、家族の食の安全・安心は重要である
と考えており、消費者の視点、立場から本件に取り組みます。

 農林水産省では、6月22日から24日の間、JAS法(正式には「農林
物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」といいます)に基づき、
職員に同社を立入検査させました。その結果、ミートホープ社が牛挽肉に豚
挽肉などを混入し牛挽肉と表示して食品製造業者などへ販売していた数々の
不正な行為が明らかになったところです。

 現在、ミートホープの直接の取引先である18社を調査するとともに、ミ
ートホープ社の牛肉を使用していたと社告を出している商品についても調査
をしているところです。

 こうした中でJAS法違反に当たる事実が確認できれば、適正な表示を行
うよう指示をするとともに、違反した業者名を公表するなどの措置を講じた
いと考えています。

 お尋ねの業務停止処分ですが、制度としては、条例で決められた衛生上の
基準に違反していると断定されたような場合に、食品衛生法第56条に基づ
き、知事が営業の禁止や期間を定めての停止をすることができることになっ
ていると聞いています。

 今回の件については、農林水産省と北海道との連携が不足していたことな
ど、的確かつ十分に対応しきれなかった点があったことについても明らかに
なっています。

 農林水産省として、こうした点について反省し、今後、早急に対応を改善
して、消費者の皆様の信頼回復に努めてまいります。

※ 農林水産省ホームページ 「牛ミンチ」事案について
 http://www.maff.go.jp/oshirase/index.html

※ 農林水産省ホームページ 食品表示とJAS規格
 http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/jasindex.htm

--------------------------------------------------------------------
[この人に聞きたい]

高橋知事 プロフィール

●  「北海道洞爺湖サミット」を通じて、子どもたちに夢と希望を
(北海道知事 高橋はるみ)

 来年7月、「北海道洞爺湖サミット」が開催されます。

 開催地決定のときに安倍総理大臣から「北海道の美しい自然の中で、環境
をテーマとしたサミットを行うことはきわめて有意義」とのお言葉をいただ
きました。

 北海道においては、これまで、世界自然遺産に登録された知床をはじめ、
12のラムサール条約湿地など優れた自然環境の保全に努めてきました。

 また、地元洞爺湖地域でも湖の水質保全や子どもたちの環境教育に取り組
んできたところです。私は、自然や環境に恵まれた北海道でこそ、実り多い
対話と交流を実現できるものと考えています。

 道民が一体となった受け入れ体制を整え、サミットの成功に向けて最大限
のバックアップをするとともに、各国政府やマスコミの皆さまを「おもてな
しの心」を持ってお迎えできるよう、様々な取組を展開していきたいと考え
ております。

 また、サミットは北海道と世界の交流が活発化する絶好の機会でもありま
す。

 表情豊かな観光地や冷涼な気候に育まれた安全・安心の「食」など、北海
道の魅力を、さまざまなメディアを通じて国内外にご理解いただくとともに、
自然に恵まれたこの北海道から、かけがえのない地球環境の保全を世界にア
ピールしていきたいと考えています。

 さて、ちょうど1年前にあたる"七夕"の7月7日、若林環境大臣、地元
の市町長やたくさんの子どもたち、そして私も開催地洞爺湖の湖畔に集い、
安倍総理にもライブ中継でご参加いただく中、サミットの成功と地球温暖化
防止への願いを込めた短冊を書きました。

 私は「子どもたちに夢と希望を」と書かせていただきました。

 未来を担う子どもたちにとって思い出に残る有意義なサミットとなるよう
開催地として頑張ってまいります。

 全国の皆さんの応援をよろしくお願いします。 

※ 「北海道・洞爺湖サミット」(政府インターネットテレビ)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1196.html

※ 「「美しい星への願い」〜北海道洞爺湖サミット1年前七夕イベント〜」
 (政府インターネットテレビ)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1262.html

弘兼氏プロフィール プロフィール

● 島耕作にみる日本の「美」
 (「美しい国づくり」企画会議メンバー、漫画家 弘兼憲史)

 私の作品の代表的キャラクターである島耕作は、特に相手の国を尊重する
ことに重きを置いている。彼は、「和」を中心に考えるタイプで、日本式を
押し付けることなく、逆に相手の文化に合わせて日本のシステムをも変える
という柔軟さを持ち合わせている。日本人が持つ「和」や「譲」という気持
ちが、島耕作の国際ビジネスを成功させていると考える。

 日本らしさには四季や古来の文化など様々だが、私は日本人特有のメンタ
リティー、感情を挙げたい。十七条憲法の「和を以って尊しとなす」に表さ
れる「和」の精神や、義理人情の「義」、謙譲の美徳の「譲」、その他良い
と思った新しいものを積極的に取り入れようとする柔軟さなど、これこそが
日本の美しさと言えるのではないか。

 こうしたメンタリティーから、日本は戦後一切戦争を行っていない平和国
家となり得た。英国調査機関が先日発表した「平和な国ランキング」では日
本は世界5位、G8諸国では1位。日本が戦争を行わない平和を愛する国と
いうことを世界に向けて発信する価値は十分にある。

 また、地球温暖化対策など環境面でのリーダーシップにもつながっている。
日本は97年に京都議定書の採択に尽力し、先日は「美しい星へのいざない」
と題し安倍総理が地球温暖化対策戦略を提唱したところ。さらに日本は官民
ともに海外での植林事業に熱心に取り組み、こうした環境分野を含め、ODA
等を通じて海外貢献にも積極的に取り組んでいる。

 日本は、奥ゆかしさを美徳とすることから、国際社会では時に説明不足で
損をすることがあるが、日本の良い部分をもっと積極的にアピールして良い
と思っている。私たち国民一人ひとりも、平和で環境の良い国に生まれ育っ
たことの有難さを再認識すべきだと思う。国の良い部分をしっかり評価する
ことは、その国に生まれ育った人にとって重要なこと。「美しい国づくり」
プロジェクトを通し、日本人に生まれ日本を愛することは大切なことだと一
人ひとりが確認するきっかけ作りをお手伝いできればと思う。

※ 「美しい国づくり」プロジェクト公式ホームページ
 http://www.kantei.go.jp/be-nippon/index.html

--------------------------------------------------------------------
[年金記録問題について]

● 信頼される年金へ向け、確実な対応を進めます。

 ○ 年金記録確認第三者委員会(総務省)が判断を行うための基本方針が
  決定されました。
  http://www.soumu.go.jp/hyouka/nenkindaisansha/pdf/070709_1.pdf(PDF)
   年金記録確認中央第三者委員会(委員長・梶谷剛前日本弁護士連合会
  会長)は7月9日、判断の基準を、申立ての内容が社会通念に照らして
  「明らかに不合理ではなく、一応確からしいこと」とし、銀行の出金記
  録、給与明細などの肯定的な関連資料や周辺事情に基づいて検討のうえ
  判断を行うこととしました。これを受けて、7月10日、年金記録確認
  第三者委員会が判断を行うための基本方針を総務大臣が決定しました。

  ※ 年金記録確認地方第三者委員会が今週中に全国50ヶ所に発足し、
   7月17日から全国最寄りの社会保険事務所で第三者委員会への申込
   みを受け付けます。
   
 ○ 年金記録問題検証委員会(総務省)が中間段階の発表を行いました。
  概要 http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/pdf/070710_9.pdf(PDF)
  本文 http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/pdf/070710_9_1.pdf(PDF)
  参考資料 http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/pdf/070710_9_2.pdf(PDF)
   年金記録問題検証委員会(座長・松尾邦弘前検事総長)は7月10日、
  中間段階の発表を行いました。
   国民の皆様に多大な不安を与えた「5000万件」、「1430万件」の問題
  は概ねどのようなケースの記録がこれに該当するのかを整理し、「自分
  に関係するのか否か」が分かるようにしています。

 ○ 年金記録の名寄せを前倒しします。
  (1)「5000万件」の記録とすべての方の記録との名寄せを前倒しします。
    平成20年5月 → 平成19年12月〜20年3月を目途
  (2)「1430万件」、「36万件」のマイクロフィルムのデータを磁気化し、
    すべての加入者のコンピュータの記録と名寄せのうえ、結果を通知
    します。(平成20年5月までを目途)

 ○ すべての方へ加入履歴をお知らせします。(「ねんきん特別便」)
  (1)「5000万件」の名寄せの結果、記録が結び付くと思われる方へのお
    知らせを前倒しします。
    ・既に年金を受け取られている方 平成20年6〜8月
    ・今後年金を受け取る予定の方  平成20年6月〜21年3月
     → いずれも平成19年12月〜20年3月を目途
  (2)その他のすべての方へお知らせを行います。
    ・既に年金を受け取られている方
     平成20年9月〜21年3月 → 平成20年4〜5月を目途
    ・今後年金を受け取る予定の方
     35、45、58歳通知で対応
     → 全員へお知らせ(平成20年6〜10月を目途)

 ※ 「年金記録に対する信頼の回復と新たな年金記録管理体制の確立につ
  いて」(年金業務刷新に関する政府与党連絡協議会)
  http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/070706taisei.htm

 ○ 年金時効特例法が施行されました。
  http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/070706.htm
   年金記録の訂正による年金の増額分を、時効により消滅した分を含め
  て、ご本人またはご遺族の方へ全額をお支払いするための年金時効特例
  法が制定され、7月6日から施行されました。
 
※ 「ねんきんあんしんダイヤル「国民の皆様へ」篇」を政府インターネッ
 トテレビでご覧いただけます。
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1209.html

--------------------------------------------------------------------
[官邸こぼれ話]

● 気品溢れる桔梗の花

 官邸の南庭も、木々の緑が一面に広がり、官邸を訪れる人に爽やかな気持
ちを与えてくれる季節になってきました。

 その中でも、桔梗は、すっとのびた茎の緑色と星型に咲いた花の紫色の対
照がとても鮮やかで、ひときわ目立っています。花言葉の「清楚、気品」に
相応しく、昔、武士が家紋に使用したことにも納得してしまいます。

 雨が降り、透きとおったしずくをそっとのせた葉とともに凛とたたずむ桔
梗の様子は、一枚の静止画のようにそこだけ時間がとまったようです。
 
※ 気品溢れる桔梗の花(リンクの写真は壁紙としてダウンロードできます)
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2007/0712d.html

※ 政府インターネットテレビ 官邸の四季
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1086.html

--------------------------------------------------------------------
[政府インターネットテレビ番組ガイド]

●新着情報

<1CH>ライブ・トーク官邸
  第30回「「美しい星への願い」〜北海道洞爺湖サミット1年前七夕イ
 ベント〜」
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1262.html

<2CH>週刊総理ニュース(07/07/02〜07/07/08)
  第166回通常国会終了 など
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1261.html

<21CH>美しい国づくり
  眞鍋かをりの「美しい森林づくり、しましょ!」
  眞鍋かをりの「美しい森林づくりは、もう始まっている!」

<31CH>ニッポンの元気
  地域づくり最前線〜隼人町の地域用水とホタルの夕べ〜(鹿児島県)

※ 政府インターネットテレビ
 http://nettv.gov-online.go.jp/

--------------------------------------------------------------------
[安倍内閣の動き]

● 年金記録問題検証委員会中間段階報告(07/07/10)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2007/07/10nenkin.html
  「年金記録問題が起こった原因について、さらに追求して責任について
 も明らかにしていただきたい」と要請

● 「美しい星への願い」北海道洞爺湖サミット1年前七夕イベント
  (07/07/07)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2007/07/07tanabata.html
  テレビ会議を通じて、現地の小学生達と交流し、「美しい星に誓う1人
 1日1kgの責任実行」と記した短冊を披露

● 「内閣総理大臣記者会見(第166回通常国会終了を受けて)」
  (07/07/05)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2007/07/05kaiken.html

● 年金業務刷新に関する政府・与党連絡協議会(07/07/05)
 http://www.kantei.go.jp/jp/abephoto/2007/07/05seifuyotou.html
  「私の内閣の責任において必ず早期解決をし、最後の一人までチェック
 して正しい年金をきちんとお支払いします」と挨拶

--------------------------------------------------------------------
[ご意見、ご感想]

 おんらいん読者感想
  ※メールマガジンの登録者が対象です。(7月15日まで)

--------------------------------------------------------------------
[編集後記]

 来年のG8サミットは、7月7日から9日まで北海道洞爺湖地域で開かれ、
地球環境問題が大きなテーマになります。日本は環境先進国として、このサ
ミットに向けてさらに努力する必要があります。

 CO2削減に役立つ世界最先端の技術を持つ日本ですが、京都議定書で決
められたCO2などの6%削減を達成するためには、排出量が目立って増え
ている家庭やオフィス、運輸部門での取組みが特に重要です。

 家庭では年間約3,800万トンのCO2削減が必要であり、政府では
「1人1日1kg」の削減を目指すことを皆さんに広く呼びかけています。

 具体的には、皆さんの身近なところでできる取組みを宣言していただく
「私のチャレンジ宣言」を受け付けています。各大臣も7月3日の閣僚懇談
会において宣言をしました。また、7月10日現在で5,070件の宣言が
されています。

 本格的な夏に向けて、CO2のダイエットにぜひご参加下さい。(編集部)

※ 「私のチャレンジ宣言」はこちらから 
 http://www.team-6.jp/try-1kg/tm6_co2-1kg01.html

====================================================================
[安倍内閣メールマガジン]

<配信先変更・配信中止>
 http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

総編集長:内閣総理大臣 安倍晋三
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)