首相官邸
メールマガジン トップページへ

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
       福田内閣メールマガジン(第15号 2008/01/24)       
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

★☆ 通常国会 開会 ★☆

 福田内閣総理大臣が行った施政方針演説について、政府インターネットテ
レビでご覧いただけます。
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1593.html
 
--------------------------------------------------------------------
□ 目次

[春に向かって。福田康夫です。]

[財務大臣の額賀福志郎です。]
● 「改革と成長・安心の予算」の成立に向けて

[この人に聞きたい]
● 最優秀賞受賞の喜び(北海道洞爺湖サミットロゴマーク採用作品作成者
 代表、三重県立特別支援学校北勢きらら学園高等部3年 近藤敦也)

[編集長のひとこと]
 (編集長 大野松茂)

[政府インターネットテレビ番組ガイド]

[福田内閣の動き]

====================================================================
[春に向かって。福田康夫です。]
福田総理大臣 プロフィール 英語版はこちらから
 春に向かって。福田康夫です。

 先週末は大学入試センター試験でした。いよいよ受験シーズンも本番です。

 昨日は総理官邸も雪化粧となりましたが、受験生の皆さんは、この厳しい
寒さに負けないよう体に気をつけ、大切な時を乗り切ってください。これま
での努力が実り、将来の夢に向かってそれぞれの春が訪れることを願ってい
ます。

 国会では、先週金曜日、通常国会が召集されました。

 衆議院では与党、参議院では野党が、それぞれ多数を占める、いわゆる
「ねじれ国会」のもとでの初めての予算審議が行われます。

 4月から始まる新年度の予算や関連法案が、3月末までに成立しなければ、
歳入が不足し、単に道路の問題だけでなく、社会保障や教育といった予算に
もしわ寄せがいきかねないなど、国民生活への影響を心配しております。

 このところ、世界的な株安も進行しており、皆さんもどうなることかと心
配しているのではないでしょうか。この原因は、米国のサブプライムローン
という金融の問題ですが、わが国金融機関への影響はそれほど大きくありま
せん。わが国経済は全般的にしっかりしています。

 しかし、こういう経済情勢の中で、予算の成立が遅れることがあれば、こ
れは日本の景気にも悪い影響を与えかねません。

 順調に国会審議が進むよう努力してまいります。野党の皆さんも、このこ
とについては、理解しているのではないかと思います。

 国民のために最善の結論を出すように、国会でも与野党で真剣に話し合い、
予算や関連法案が、予定どおり3月末までに成立できるようにしたいと思い
ます。

 明日、スイスで開催される「世界経済フォーラム年次総会」、いわゆるダ
ボス会議に向けて出発する予定です。

 今年開催されるサミット議長国を代表して、世界経済や地球環境など様々
な課題について、わが国の考え方を世界に向けて発信してまいります。

--------------------------------------------------------------------
[財務大臣の額賀福志郎です。]
額賀財務大臣 プロフィール
● 「改革と成長・安心の予算」の成立に向けて
 (財務大臣 額賀福志郎)

 こんにちは。財務大臣の額賀福志郎です。今年もよろしくお願いいたしま
す。

 昨年12月、福田内閣初めての予算である平成20年度予算が閣議決定さ
れ、今月18日に国会に提出したところです。我が国財政は、GDPの約
1.5倍に及ぶ借金を抱えるなど、主要先進国で最も厳しい状況となってお
り、財政健全化は我が国の最も重要な課題ともいえます。

 このため、平成20年度予算では、新たな借金である新規国債発行を4年
連続で減額するなど、財政健全化を推し進めました。また、財務省の職員が
実際に現場に出向き、予算の効率化のために行った調査の結果を活用するな
ど、徹底して無駄の排除に努めております。

 他方、科学技術や中小企業対策など成長力強化に資する分野、地域活性化
に資する分野、医師確保や治安など国民の皆様の安全・安心に直結する分野
については、予算の重点化を図っております。

 このように、平成20年度予算は、いわば「改革と成長・安心の予算」と
いえると思います。

 また、税制については、研究開発の促進やNPO活動の推進、地域間の財
政力格差の縮小に資するよう制度改正を行っております。

 ぜひとも予算や税制改正法案などを今年度内に成立させ、経済の安定成長
や生活の安全・安心に結びつく施策を着実に実施していきたいと思いますの
で、国民の皆様のご理解をよろしくお願いいたします。

 今年7月には、北海道の洞爺湖畔でG8サミットが開催されます。これに
先立ち、6月13日・14日には、大阪で財務大臣会合が開催されます。

 財務大臣会合では、私が議長となり、主要国の財務大臣とともに、世界経
済や地球環境問題、途上国の貧困問題といった世界が直面する重要な課題に
ついて議論を交わす予定です。

 日本は世界と共に平和と繁栄を創り、世界と共に前に進んでいくという
「共創・共生」の精神で、サミットの成功に向けて全力で取り組んでまいり
ます。

※ 大臣と語る「額賀財務大臣の地域の方々との対話 in 石川」(政府イン
 ターネットテレビ) 
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1529.html

※ 大臣の写真
 http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2008/0124d.html

--------------------------------------------------------------------
[この人に聞きたい]
近藤敦也氏 プロフィール
編集部注)今年開催される北海道洞爺湖サミットに用いられるロゴマークを
    小学生、中学生、高校生の皆さんを対象に募集したところ、4198
    点の応募がありました。その中から、三重県立特別支援学校北勢き
    らら学園の5人のグループによる作品が最優秀賞に選ばれ、採用作
    品に決定しました。今週は、5人を代表して近藤敦也さんにメッセ
    ージをお寄せいただきました。
    ※ サミットロゴマーク採用作品はこちら
     http://www.kantei.go.jp/jp/summit/sakuhin.html

● 最優秀賞受賞の喜び(北海道洞爺湖サミットロゴマーク採用作品作成者
 代表、三重県立特別支援学校北勢きらら学園高等部3年 近藤敦也)

 北海道洞爺湖サミットロゴマーク募集に応募したきっかけは、クラスみん
なで環境について共に学び、みんなの思いを一つのかたちに表したかったか
らです。そしてなによりも、思い出に残る一つの作品をみんなで作り上げた
いという思いがありました。

 クラスで最初に「環境」・「地球」・「共生」・「平和」という四つのテ
ーマを決めました。そして、話し合いと試行錯誤を積み重ね、今回のデザイ
ンができました。

 ロゴマーク作成で一番苦労したところは、みんなの考えや思いをいかにか
たちにしていくかということです。

 今、振り返ってみると、このロゴマーク作成という活動で、クラスみんな
が成長し、今まで遠い存在だったサミットのことを身近に感じられるように
なりました。

 この取組を通して再認識したことがあります。それは、色々な人の意見を
聞き合うことの大切さです。北海道洞爺湖サミットでは、環境問題や人々が
戦争・紛争などで苦しんでいる現実をしっかりと見据えて、世界中の人たち
が平和で安心して暮らせる社会が実現するような議論がなされることを期待
しています。

※ 「総理の動き-北海道洞爺湖サミットロゴマーク発表-平成20年1月4日」
 (政府インターネットテレビ)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1574.html

※ 写真を見る 
 http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2008/0124e.html

--------------------------------------------------------------------
[編集長のひとこと]

 先週召集された通常国会では、代表質問が行われ、本格的な論戦が始まり
ました。「多面の議論から真剣の結論を!」。読者からのご意見です。政府
としても、政策についてわかりやすく丁寧に説明していきたいと考えていま
す。

 まずは、平成20年度予算の審議。額賀大臣は「改革と成長・安心の予算」
と名づけ、関連法案とあわせて年度内に成立させる意気込みを語っています。
ぜひお読みいただき、ご意見をお聞かせください。

 「この人に聞きたい」には、北海道洞爺湖サミットのロゴマーク採用作品
を作成した北勢きらら学園高等部の5人を代表して近藤敦也さんが登場。
4200点も応募があり、大勢のお子さんたちがサミットに関心を持つきっ
かけとなったのはうれしいことです。サミットの成功につなげたいと思いま
す。(まつしげ)

大野内閣官房副長官プロフィール 大野内閣官房副長官プロフィール

--------------------------------------------------------------------
[政府インターネットテレビ番組ガイド]

● 新着情報

<1CH>総理の動き
  第169回国会における施政方針演説(08/01/18)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1593.html

<2CH>週刊総理ニュース(08/01/14〜08/01/20)
  第169回通常国会開会、薬害肝炎訴訟全国原告団と面談 など
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1606.html

<13CH>大臣と語る
  若林大臣と語る 希望と安心の国づくり〜ダイジェスト版
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1602.html

<21CH>地球環境
  宮古島発 バイオエタノール・アイランド構想〜自然との共生をめざして
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1604.html

<22CH>トピックス
・ 私たちにできること〜犯罪被害にあうということ(ドラマ篇)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1595.html
・ 私たちにできること〜犯罪被害者支援とは(解説篇)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1596.html

<31CH>地域の元気
  長寿・子宝の島 あまみ〜命きらめくキョラジマ(美しい島)〜(鹿児
 島県)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1600.html

<41CH>映像ミュージアム
  宮古諸島の自然〜海岸の生きもの
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1601.html

※ 政府インターネットテレビ
 http://nettv.gov-online.go.jp/

--------------------------------------------------------------------
[福田内閣の動き]

● 第169回国会における施政方針演説(08/01/18) など
 http://www.kantei.go.jp/jp/hukudaphoto/index.html

※ 国民対話(平成20年2月23日開催・名古屋)の参加者募集中!!
 「鴨下大臣と語る
    希望と安心の国づくり」 テーマ:快適な都市環境の創造に向けて
 http://www8.cao.go.jp/taiwa/participant20080223.html
 〜国民の皆様が環境大臣と直接対話する場です。ぜひご参加を。〜

--------------------------------------------------------------------
[ご意見、ご感想]

 読者感想
  ※メールマガジンの登録者が対象です。(1月27日まで)

====================================================================
[福田内閣メールマガジン]


総編集長:内閣総理大臣 福田康夫
編集長 :内閣官房副長官 大野松茂
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)