首相官邸
メールマガジン トップページへ

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
      福田内閣メールマガジン(第34号 2008/06/05)      
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

★☆ 第4回アフリカ開発会議 開催 ☆★

 福田総理が出席して、5月28日から30日まで横浜市で開催された第4
回アフリカ開発会議(TICAD IV)の様子などを政府インターネットテレビで
ご覧いただけます。
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1898.html

--------------------------------------------------------------------
□ 目次

[世界が行動すべきとき。福田康夫です。]

[環境大臣の鴨下一郎です。]
● 神戸から洞爺湖へ 〜G8環境大臣会合を終えて〜

[私の住むまち]
● 「おもてなしの心で世界へ 環境と観光のまち洞爺湖」を発信
 (北海道洞爺湖町長 長崎良夫)

[編集長のひとこと]
 (編集長 大野松茂)

[官邸こぼれ話]
● きらきらとひかる水面のそばで

[政府インターネットテレビ番組ガイド]

[福田内閣の動き]

====================================================================
[世界が行動すべきとき。福田康夫です。]
【写真】福田総理大臣 プロフィール English
 世界が行動すべきとき。福田康夫です。

 「過去2年間に、新たに1億人が貧困状態になってしまった。」

 世界銀行のゼーリック総裁は、最近の世界的な穀物価格高騰による影響に
ついて、このような見積もりを公表しました。とうもろこしも、大豆も、小
麦も、この2年間で、値段が約2倍にまで跳ね上がっています。

 多くの食料を輸入に頼っているわが国では、パンや乳製品などさまざまな
食料品の値段が上がり、すでに私たちの生活に大きな影響が広がっています。
食料品の値上がりは、日本だけの問題ではありません。

 アジアやアフリカの多くの国は食料を輸入しています。国々の中には、1
日の所得が1ドル以下でその半分以上が食費、という生活を送っている国も
あります。今回の食料価格高騰は、このように食べるだけで精一杯の貧しい
人々の生命を直撃する深刻な問題となっています。

 さらに、価格高騰に抵抗する人々のデモや暴動が発生し、死傷者すら出た
国もあります。先週のアフリカ開発会議でも、多くのアフリカの首脳と直接
話して、この問題の深刻さを改めて感じました。

 こうした強い切迫感を持って、私は、3日、ローマで開かれた世界食糧サ
ミットに出席しました。

 まず何よりも、今この瞬間も食料不足、ひいては飢餓に苦しむ人々に、一
刻も早く食料が届けられなくてはなりません。わが国として追加的な食糧援
助を表明するとともに、世界各国に対して、備蓄食糧の放出や農産物輸出規
制の自粛を呼びかけました。

 また、長期的な安定を考えれば、世界的に食料の生産能力を向上させるこ
とが必要です。世界最大の食料輸入国であるわが国自身が、農業生産力を強
化し、食料自給率を高めるべきことは言うまでもありませんが、それととも
に、アフリカはじめ途上国の農業生産性を上げるため、灌漑などのインフラ
整備や品種改良のための研究など、国際社会と連携しながら、積極的な貢献
を行うことも表明しました。

 さらに、今回の価格高騰の原因の一つともなっている、穀物を原料とする
バイオ燃料の生産についても、食料以外の植物や食料を収穫した後の稲わら
などを用いたバイオ燃料の研究と実用化を急ぐことも明らかにしました。

 今求められていることは、世界がその知恵を結集し、そして素早く行動を
起こすことです。

 このような問題意識は、世界食糧サミットに前後して会った、ドイツのメ
ルケル首相や、イギリスのブラウン首相、フランスのサルコジ大統領、イタ
リアのベルルスコーニ首相らも全く同じで、今の世界の食糧事情に危機感を
持っていました。

 来月は、北海道洞爺湖サミットが開かれ、主要先進国の首脳が集まります。

 私は、その議長として、この食料価格高騰の問題を議論のテーマに取り上
げますが、食料という生命にかかわる問題について、未来への安心を人々に
与えられるような力強いメッセージをサミットの決意として世界に表明した
いと考えています。

--------------------------------------------------------------------
[環境大臣の鴨下一郎です。]
【写真】鴨下環境大臣 プロフィール
● 神戸から洞爺湖へ 〜G8環境大臣会合を終えて〜(環境大臣 鴨下一郎)

 環境大臣の鴨下一郎です。

 私は、5月24日から26日に兵庫県神戸市で開催されたG8環境大臣会
合で議長を務めさせていただきました。この会合には、G8をはじめ19の
国・地域、8つの国際機関から大臣や代表の方の参加があり、「気候変動」
をはじめ3つのテーマについて活発な議論を交わしました。

 環境問題への対応は、各国の国益に直結しています。このため、各テーマ
について様々な議論があり、会議の結論にたどりつくまでに多くの時間を要
しました。

 しかし、地球環境保全のために、この会合で一歩でも二歩でも前進しなけ
ればならないという参加者全員の気持ちもあり、最終的には、数多くの成果
をあげることができました。

 例えば、2050年までに世界の温室効果ガスを少なくとも半減させる目
標を、北海道洞爺湖サミットで首脳に合意してもらおうとのG8各国環境大
臣の共通の意志が確認されました。また、日本では当たり前になったレジ袋
削減の取り組みを、日中韓3カ国から世界に拡大することについてG8各国
も協力するという日本発の取り組みが合意されました。このほか、発展途上
国からも積極的な温暖化対策の実施の表明がなされたことも大きな成果と思
われます。

 また、この会合にあわせて、地元神戸では、こども環境サミットをはじめ、
数多くのイベントが開催され、その熱気が閣僚会合にも伝わってきました。

 北海道洞爺湖サミットでも、環境が主要なテーマの一つになる予定です。
今回の神戸での議論が洞爺湖につながり、洞爺湖でも日本のリーダーシップ
のもとに環境への取り組みが更に進むことを期待しています。

※ 「甘利大臣、鴨下大臣と語る 希望と安心の国づくり(ダイジェスト版)」
 (政府インターネットテレビ)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1862.html

※ 「『大臣のほんね』鴨下一郎環境大臣」(政府インターネットテレビ)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1504.html

※ G8環境大臣会合(環境省ホームページ)
 http://www.env.go.jp/earth/g8/index.html

--------------------------------------------------------------------
[私の住むまち]
【写真】長崎良夫氏 プロフィール
● 「おもてなしの心で世界へ 環境と観光のまち洞爺湖」を発信
 (北海道洞爺湖町長 長崎良夫)

 昨年4月23日、2008年サミット開催地として北海道洞爺湖町が、正
式に決定されました。感動と喜び、同時に一抹の不安を抱きながらの船出で
した。

 まずは洞爺湖町として何ができるかと考え、おもてなしの心と花でお迎え
しようということになりました。

 世界各国から来られる首脳をはじめ、メディアの方々にも北海道の持つ自
然環境と洞爺湖周辺の自然を満喫し、感動してお帰りいただきたい、そう願
っています。

 サミット開催に向けて洞爺湖町は、町民会議を立ち上げ「おもてなしの心
で世界へ 環境と観光のまち洞爺湖」をテーマとして、町民一丸となり歓迎
する取組を行っております。

 具体的には、「清掃活動」では、サミット開催までの期間に洞爺湖周辺を
重点的に道路沿線や湖畔沿いの町民一斉清掃を実施します。「花いっぱい運
動」では、洞爺湖温泉街や沿線、公園などを花で飾り付けて歓迎します。そ
して「おもてなしの心」として、滞在期間中に不便を感じさせないよう、道
路標識・誘導板などの多国語表記や外国語版のマップ・リーフレットの作成
をします。また、洞爺湖温泉街にボランティアセンターやインフォメーショ
ンセンターを設置して海外の方々に対応させていただきます。

 洞爺湖周辺には、世界に誇れる洞爺湖・有珠山を含む支笏洞爺国立公園、
内浦湾(別名噴火湾)、温泉など、魅力的な多くの自然資源があります。こ
の雄大な自然を後世にいかに残すかが、我々の大きな使命だと思います。

 この地域の美しい自然景観や環境を保全するとともに、この地域の2030
年における温室効果ガスの排出量を半減することを目標とする「チーム洞爺
湖マイナス50%事業」が環境省の「環境と経済の好循環のまちモデル事業
(業務部門重点対策)」に昨年度選定されました。洞爺湖町もこの事業に参
加し、サミット開催地として、地球規模での環境への取組を発信する基地的
役割を担ってまいりたいと思います。

 北海道洞爺湖サミットが歴史的成果を収めることを祈念するとともに、こ
のように、すばらしい光を当てていただいたことに、心より感謝いたします。

※ 「北海道洞爺湖サミット」(政府インターネットテレビ)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1817.html

※ 写真を見る
 http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2008/0605e.html

--------------------------------------------------------------------
[編集長のひとこと]

 日曜日から、総理に随行してドイツ、イギリス、イタリアを訪問し、本日
帰国します。総理は、先週横浜での第4回アフリカ開発会議の議長を務める
とともに、アフリカ各国の首脳などと数多く会談したのに続き、今回も首脳
会談や世界食糧サミットでの演説を精力的に行いました。

 移動の飛行機内でも何度も資料に目を通し、北海道洞爺湖サミットの議長
として再び顔を合わせることとなる各国首脳と今何を話すべきか、世界食糧
サミットで世界にどう呼びかけるか、直前まで思いを巡らせ、原稿に手を入
れる総理。移動の疲れをものともしない、責任感からくるであろう、その気
力と体力には敬服するばかりです。

 鴨下大臣がG8環境大臣会合について語っています。各国環境大臣が、
2050年までに世界の温室効果ガスを少なくとも半減させる目標について、
その意志を確認できたことは、洞爺湖サミットへのはずみとなり、地球環境
の保全という待ったなしの課題に前進をはかることができたと思います。

 その洞爺湖サミットまでいよいよあと1ヶ月。地元北海道洞爺湖町の長崎
良夫町長が「私の住むまち」に登場。サミットの成功には、地元の皆さんの
協力が不可欠です。地元の期待にこたえるためにも、政府として日本で8年
ぶりのサミットに全力を尽くします。(まつしげ)
大野内閣官房副長官プロフィール 【写真】大野内閣官房副長官
--------------------------------------------------------------------
[官邸こぼれ話]

● きらきらとひかる水面のそばで

 汗ばむ日が少しずつ増すなか、みずみずしい緑あふれる南庭では、池の水
がさわやかな涼しさをもたらしてくれています。

 澄み切った空からふりそそぐ陽射しを受け、鮮やかな紫の「カキツバタ」
たちがすっとたたずむとともに、官邸をおとずれたカルガモも、きらきらひ
かる水面をじっと見つめています。

 しとしとと降る雨につつまれる時期も徐々に近づき、南庭も「夏」に向け
ての衣替えを少しずつ進めているのかもしれません。

※ きらきらとひかる水面のそばで(リンクの写真は壁紙としてダウンロー
 ドできます)
 http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2008/0605c.html

※ 官邸の四季(政府インターネットテレビ)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1086.html

※ 総理大臣官邸紹介(政府インターネットテレビ)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg744.html

--------------------------------------------------------------------
[政府インターネットテレビ番組ガイド]

●新着情報

<1CH>総理の動き
・ 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)(08/05/27〜08/05/30)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1898.html
・ 第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)共同記者会見(08/05/30)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1885.html

<2CH>週刊総理ニュース(08/05/26〜08/05/31)
  TICAD IV 「横浜宣言」採択、教育再生懇談会 など
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1897.html

<21CH>地球環境・サミット
・ G8労働大臣会合
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1886.html
・ 第9回 本上まなみのサミット情報 未来へのメッセージ
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1882.html
・ 北海道遺産〜登別温泉地獄谷(北海道登別市)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1893.html
・ 北海道遺産〜雨竜沼湿原(雨竜町)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1894.html
・ 使いません!違法伐採木材〜世界の森林を守るために〜MY JAPAN
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1890.html

<22CH>トピックス
  みどりと共に生きる!〜第二回みどりの式典〜Just Japan プラス
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1891.html

<31CH>地域の元気
  食の王国いばらき(茨城県)
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1892.html

※ 政府インターネットテレビ
 http://nettv.gov-online.go.jp/

--------------------------------------------------------------------
[福田内閣の動き]

● 欧州訪問3日目(イタリア共和国)(08/06/03) など
 http://www.kantei.go.jp/jp/hukudaphoto/index.html

※ 国民対話(6月29日開催・京都府京都市)の参加者募集中!!
                        【6月16日(月)まで】 
 「岸田大臣と語る
    希望と安心の国づくり」 
   テーマ:我が国の知的財産戦略について ―コンテンツ大国の実現―
 http://www8.cao.go.jp/taiwa/participant20080629.html
〜 国民の皆様が大臣と直接対話する場です。ぜひご参加を。〜

--------------------------------------------------------------------
[ご意見、ご感想]

 読者感想
  ※メールマガジンの登録者が対象です。(6月8日まで)

====================================================================
[福田内閣メールマガジン]


総編集長:内閣総理大臣 福田康夫
編集長 :内閣官房副長官 大野松茂
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)