麻生内閣メールマガジン(創刊号 2008/10/09)
文部科学大臣
塩谷立
 文部科学大臣を拝命した塩谷立です。

 私は、これまで教育分野について、ライフワークとして取り組んでまいりました。文部科学行政は課題が山積しており、大きなやり甲斐と大変な重責を感じています。

 「日本に生まれてよかった。」子どもたちが心からそう思える未来をつくるため、元気で明るい子どもたちを育てていく環境づくりが大事だと思っています。

 麻生総理の掲げる“強くて明るい日本”を目指し、全力で取り組んでまいります。

プロフィール

記者会見動画 政府インターネットテレビ

総編集長:内閣総理大臣 麻生太郎/編集長:内閣官房副長官 松本純
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)