麻生内閣メールマガジン(第9号 2008/12/04)
編集長の
ひとこと
 先月28日、党首討論が開催されました。初めて党首討論にのぞんだ総理は、落ち着いて語りかけ、国民の皆さんにわかりやすい討論になったと思います。

 1日、「総理と産業界の雇用等に関する懇談会」に私も出席しましたが、現在の雇用情勢を踏まえた貴重な意見交換を産業界の皆さんと行うことができました。政府は、雇用に対する皆さんの不安を解消するため全力を尽くしていきます。

 今週は、斉藤大臣が低炭素社会の実現に向けた取組について紹介しています。地球温暖化を防止するためには、世界の国々が知恵を出し合い公平な国際ルールを作ること、皆さんひとりひとりが行動すること、そのどちらも不可欠です。ぜひ皆さんもできることを実行してください。

 昨日から9日までは障害者週間。今年、北京パラリンピック(障害者のオリンピック)で金メダルを含む3つのメダルを獲得された石井雅史さんの「一緒に戦ってくれる人たちを信じて必死に頑張ると夢はかなう」という言葉に大変感動しました。後に続く人たちにも勇気を与える重みのある言葉です。さらなるご活躍を期待しています。(松純)

※ プロフィール