麻生内閣メールマガジン(第16号 2009/01/29)
編集長の
ひとこと
 昨日、総理は国会で施政方針演説を行いました。演説には、国民の皆さんに、自分の考える政治と政策をわかりやすく伝えたい、という総理の強い思いがこめられていました。「活力ある社会創り」「暮らしの安心」「世界の平和と安定に向けた貢献」という3つの課題に内閣一丸となって取り組みます。

 「国づくりの基本は、人づくり」。施政方針演説で総理はこう述べています。今週は、基礎科学力の強化のための取組や小・中学校の新学習指導要領について、塩谷大臣が紹介しています。この国の将来を担う人材を育てるためには、学校が地域、家庭、行政と協力していくことが何よりも大切だと思います。

 23日、人工衛星「まいど1号」がH−IIAロケット15号機で打上げに成功。その開発に携わった東大阪宇宙開発協同組合の棚橋秀行さん。地域の力を結集して異業種交流や産学官連携を行い、人工衛星に挑戦した皆さんの努力には本当に頭が下がります。他の地域、分野における『まいど1号』誕生を大いに期待したいと思います。(松純)

※ プロフィール