麻生内閣メールマガジン(第21号 2009/03/05)
編集長の
ひとこと
 「給付金を頂いたら家族で旅行か温泉に行く予定です」
 「不足分をプラスして地デジ対応のテレビを購入することに決めました」

 読者からのご意見です。いよいよ、定額給付金を皆さんにお届けできることとなりました。総理は、受け取り、使い道は奥様と相談するそうですが、直ちに使うとのこと。もうすでに使い道を決めて、待っておられる方も多いことでしょう。皆さんお一人お一人にぜひ有効にお使いいただきたいと思います。

 今週は、子どもとインターネットの関わりについて小渕大臣が語っています。子どもが安心してインターネットを利用できるようにするためには、行政だけではなく、家庭での取組も大切です。親子の対話を増やしてください。また、ソウル日本人学校の関谷秀明校長から寄稿をいただきました。「1月総理訪韓の際開催された李明博大統領主催の晩餐会で韓国の子どもたちとともに歌声を披露し、両首脳に声をかけられた経験は、子どもたちにとって生涯忘れることのない経験となるだろう」とのこと。私もその場にいて、日韓両国の子どもたちの感動が伝わってきました。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京ラウンドが、アジアの4チームが参加して今日から始まります。3年前の前回大会で優勝した日本代表を倒そうとどのチームも必死で向かってくるでしょう。連覇へ向けて厳しい試合の連続だと思いますが、選手の皆さんには、原監督のもとで一致団結して、頑張っていただきたいと思います。(松純)

※ プロフィール