麻生内閣メールマガジン(第25号 2009/04/02)
編集長の
ひとこと
 金融サミットに出席する総理に同行してロンドンに来ています。現在の危機は一国で対処しても克服できません。世界各国が協調することが不可欠です。日本としてやるべきことをきちんと実行し、各国に働きかけを行うとともに、連携をはかっていきます。

 これまでの外遊に劣らず、総理の意気込みは、相当なものです。移動の機内でも、今回のサミットでどのような対応をとるべきか、熟慮を重ねていました。私も、総理の会談などの結果について記者団の皆さんにご説明する役割をもっていますが、ビジネス界出身の総理が自らの知識と経験をもとに活躍する様子をしっかり皆さんにお伝えできればと思います。

 今週は、舛添大臣が待機児童対策を紹介。保育所が見つからないので働きたくても働けない、という方を少しでも減らせるように政府は引き続き全力で取り組みます。また、『おくりびと』と『つみきのいえ』の米アカデミー賞受賞について、知的財産戦略本部コンテンツ・日本ブランド専門調査会の浜野保樹委員に寄稿をいただきました。日本の優れたコンテンツが世界により広まっていくとともに、この分野に優れた新しい人材が育っていくことを期待しています。

 今週から、「太郎ちゃんねる」は、読者の皆さんから寄せられた質問に総理から答えてもらうこととします。なお、年齢や性別など質問者が記入されたご自身の情報も掲載させていただきます。総理に質問のある方は、どうぞお寄せください。(松純)

※ プロフィール