麻生内閣メールマガジン(第29号 2009/04/30-05/07)
※次号配信は5月14日です。
麻生太郎の「強く明るく」
[国民に安全と安心を]
 先週来、メキシコや米国などで、豚インフルエンザの感染が拡大し、国際的に懸念される状況となっています。メキシコでは、すでに多数の方が亡くなり、非常事態宣言が出されました。

 豚インフルエンザは、これまで、ウイルス感染により、豚にインフルエンザの症状を引き起こすものの、通常、人には感染せず、まれに、豚と直接接触した場合に発症する、と考えられてきました。

 28日未明(日本時間)、WHO(世界保健機関)は、各国の専門家による第2回緊急委員会において、「人から人への感染が増えている」ことを確認し、感染警告レベルをフェーズ3から4に引き上げました。

 このような状況を踏まえ、政府は、今回の豚からのウイルス感染を、新型インフルエンザと認定して、28日午前8時に「新型インフルエンザ対策本部」を設置しました。この本部で、すぐさま「基本的対処方針」を定め、水際対策のさらなる強化などを行うことを決定しました。

 新型インフルエンザ対策は、国家の危機管理上、重大な課題です。国民の皆さんの安全と安心を守るため、政府の総力をあげて、取り組んでまいります。

 まず、国際的な連携を密にし、諸外国の罹患状況や新型インフルエンザウイルスに関する情報収集に、最大限の努力をし、国民の皆さんへの迅速かつ適切な情報の提供に努めます。

 また、メキシコへの渡航延期を勧告する感染症危険情報の発出、在外邦人への情報提供や帰国支援などを行うとともに、ウイルスの国内侵入をできる限り防止するため、徹底的な検疫や入国審査を実施します。

 発生国から入国した感染者や感染したおそれがある方については、法律に基づき、空港などの周辺に隔離、しばらく留まっていただく措置を講じます。

 これらと同時に、海外から新型インフルエンザウイルス株を入手し、予防のためのワクチンの製造に取り組みます。

 いまのところ、国内では、感染者は出ていませんが、万が一の国内での発生に備え、医療関係者への情報提供とともに、国内での情報収集を強化し、保健所や病院に相談センターや発熱外来を設置する準備なども進めます。

 なお、海外での症例では、タミフルなどの薬品の効果が認められており、国内には、十分に蓄えられています。

 国民生活の安全と安心を守ることは、政府の最大の責任。政府として取りうるあらゆる手段を講じて、全力を尽くしてまいりますが、国民の皆さんには、新型インフルエンザへの警戒を怠ることなく、冷静な対応をお願いしたいと思います。

※ プロフィール

編集部注)
今回のメールマガジンは、30日午前5時頃(日本時間)、WHOが感染警告レベルをフェーズ4から5に引き上げる前に配信準備されたものです。
太郎ちゃんねる
※メールマガジンの登録者が対象です。
環境大臣の斉藤鉄夫です。

[「緑の経済と社会の変革〜グリーン・イノベーション・ジャパン〜」の実現に向けて]
環境大臣 斉藤鉄夫
 日本は世界最先端の環境技術、自然と共生する「もったいない」の心といった世界に誇るべき環境資源を持っています。
 全文を読む
この人に聞きたい

[大好きな野球とともに]
野球特別大使、福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長
王貞治
 「野球特別大使」という身に余る肩書きをいただき、戸惑いもありましたが、「自分の人生は野球とともにあり、野球を通した社会貢献活動や国際親善、野球振興が、これまでお世話になった皆さんに対する恩返し」との思いからお引き受けしました。
 全文を読む
編集長の
ひとこと
内閣官房副長官 松本純
 新型インフルエンザの予防法は、出かける時のマスク着用、家に帰ったらうがい・手洗いなど、通常のインフルエンザと同じです。
 全文を読む
政府インターネットTV
 政府情報などを動画で提供しています。
総編集長:内閣総理大臣 麻生太郎/編集長:内閣官房副長官 松本純
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)