麻生内閣メールマガジン(第32号 2009/05/28)
麻生太郎の「強く明るく」
[国際社会への重大な挑戦]
 今週月曜日の午前、北朝鮮が核実験を実施したと発表しました。2006年10月に続き、第2回目となります。

 これは、わが国の安全に対する重大な脅威であり、北東アジア及び世界の平和と安定を著しく害するものです。断じて認めるわけにはいきません。北朝鮮に対して、厳重に抗議し、断固として非難します。

 北朝鮮は、いかなる核実験や弾道ミサイルの発射も行わないよう求めた国連安保理決議に違反して、4月にもミサイル発射を強行しました。たび重なる明白な安保理決議違反であり、NPT(核不拡散条約)に対する重大な挑戦です。これまでの日朝平壌宣言や六者会合の共同声明にも違反するものです。

 すぐさま、官邸に対策室を設置し、情報収集に努めるとともに、外務大臣に対し、速やかに国連安全保障理事会の開催を働きかけるよう、指示しました。

 このような、北朝鮮の暴挙に対して、国際社会が一致して、毅然とした態度で、強いメッセージを伝える必要があります。さっそく、韓国の李明博大統領や米国のオバマ大統領と電話会談を行い、日米韓で緊密に連携して対応することに合意しました。

 わが国の要請に基づき、日本時間火曜日未明に開催された安保理緊急会合では、今回の北朝鮮の行為が、これまでの安全保障理事会の決議に反することを確認。北朝鮮に対し、安保理としてどのような措置、対応をとるか、検討が開始されました。

 世界では、核兵器を廃絶していくべき、との機運が高まっています。4月には、オバマ大統領がチェコのプラハにおいて、米国として、核兵器廃絶を目指すと表明する、歴史的ともいえる演説をされたばかりです。

 このような中で、北朝鮮が国際社会の声に耳をかさず、2度目の核実験を実施したことは、極めて遺憾なことです。

 北朝鮮に、自らの行動が誤りであり、国際社会と共に進むことが唯一の道であることを示す、力強いメッセージを伝える必要があります。私は、そのために先頭に立って、外交を進めていく覚悟です。

※ プロフィール

太郎ちゃんねる
※メールマガジンの登録者が対象です。
農林水産大臣の石破茂です。

[「つながり」を強めたい(子ども農山漁村交流プロジェクト)]
農林水産大臣 石破茂
 私は山陰・鳥取で育ったが、夏休みの大半は海や山で過ごし、自然の素晴らしさも、恐ろしさも、文明生活のありがたさも脆さも、ある程度知ることができた。農山漁村があり、そこに働く人々がいることで国が成り立っていることも実感した。
 全文を読む
この人に聞きたい

[生物多様性とわたしたち]
兵庫県立人と自然の博物館館長・東京大学名誉教授
岩槻邦男
 わたしたちはさまざまな生き物に取り囲まれて日々の暮らしを営みます。食べるもの、着るもの、住むところで、いろんな生き物の恵みを受けています。人間関係からくるストレスを癒すのは、植物のみどりやかわいい動物たちです。
 全文を読む
編集長の
ひとこと
内閣官房副長官 松本純
 昨日、麻生総理と民主党の鳩山代表による初めての党首討論が開催されました。総理は充実した討論となるよう、極めて冷静に対応していました。
 全文を読む
政府インターネットTV
 政府情報などを動画で提供しています。
総編集長:内閣総理大臣 麻生太郎/編集長:内閣官房副長官 松本純
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)