麻生内閣メールマガジン(第36号 2009/06/25)
編集長の
ひとこと
 先週木曜日、私が開催する社会保障改革推進懇談会の報告書がまとまりました。新しい子育て支援システム、職業能力開発の機能強化、介護人材育成戦略、児童虐待防止等についての重要な提言が盛り込まれています。特に、子育て支援は、「待ったなし」の政策課題です。夜間・休日はもとより、病児や小学生にも対応した、利用者のニーズに合ったサービスをすべての子どもが受けられる新しいシステムの実現に向けて、政府一丸となって取り組んでまいります。

 7月1日、グリーン家電エコポイントの申請受付が始まります。現時点で271の商品が交換可能となり、幅広く選択していただけるようになりました。今後も、商品の追加が予定されています。また、エコカーの購入に対する補助金の申請受付も開始しています。環境にやさしく、内需の拡大にもつながるこれらの制度をぜひご活用ください。

 先週成立した海賊対処法について、浜田防衛大臣が紹介しています。新法により、すべての船舶が護衛の対象となり、国際的な連携も可能となります。派遣される自衛官の活躍をお祈りします。

 皆さんの食卓に並ぶ食品の表示の監視を行っている「食品表示特別Gメン」の大泉幹広さんが登場。近年、食品の偽装工作も複雑化しています。皆さんの生活に密接に関わる食品の偽装は、決して許すことはできません。今後とも、食に対する信頼を確保すべく、現場の一線はもとより、政府として全力をあげていきます。(松純)

※ 社会保障改革推進懇談会報告の概要(内閣官房ホームページ)
※ エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について(環境省ホームページ)
※ 環境対応車への買い換え・購入補助の申請受付開始について(経済産業省ホームページ)
※ プロフィール