麻生内閣メールマガジン(第38号 2009/07/09)
文部科学大臣の塩谷立です。
[学校の教育環境の整備・充実〜「スクール・ニューディール」構想の推進〜]
 文部科学大臣の塩谷立です。

 学校施設は、そこで学ぶ子どもたちだけではなく、地域の方々にとっても最も身近な公共施設の一つです。このため安全・安心で、環境にやさしい学校づくりを進めていくことは、子どもたちにはもちろん、地域や社会全体にとっても重要なことです。

 政府は、本年4月の「経済危機対策」において、「スクール・ニューディール」構想を提唱し、「21世紀の学校」にふさわしいものとなるよう、学校施設を整備し、教育環境を充実することとしました。具体的には、耐震化の早急な実施、太陽光発電の導入をはじめとした環境を考慮した施設の整備、ICT(情報通信技術)環境の整備を一体的に実施していきます。平成21年度補正予算には、このために必要な予算が盛り込まれています。

 学校施設の耐震化を早急に進めることによって、子どもたちの安全が確保されます。また、非常災害時の地域の方々の安全な応急避難場所が確保されます。平成20年4月1日現在で約1万棟あると推計された、大規模な地震により倒壊等の危険性の高い学校施設の耐震化については、これまでの予算措置に加え、今回の補正予算ですべて耐震化できるよう、国庫補助に必要な予算を盛り込みました。それ以外の危険性のある建物の耐震化についても、しっかりと取り組んでいきます。

 環境を考慮した施設の整備、特に、太陽光発電の導入は、環境・エネルギー教育への積極的な活用が期待できる上に、再生可能エネルギーの有効活用、二酸化炭素削減といった社会全体の取り組みに、大いに貢献するものと考えています。公立小・中学校等において、早期に現在の約10倍となる、約1万2千校への太陽光発電の導入を目指します。

 デジタルテレビや電子黒板、コンピュータ、校内LAN等のICT環境の整備を進めます。デジタルテレビとパソコンやデジタルカメラが連携することにより、わかりやすい授業が広がるとともに、教員の授業準備等の負担を軽減することができます。

 このように、「スクール・ニューディール」構想を実施することで、学校が安全な場所になります。環境負荷を低減させることができます。学習意欲や学力の向上につながることが期待されます。事業の実施により地域の経済がよくなります。一石三鳥にも、四鳥にもなります。

 今回の補正予算には、このような「スクール・ニューディール」構想のほか、理数教育の重視が求められている中で、小・中・高等学校の理科教育設備の抜本的な充実(1校当たり100万円程度で、例年の予算の15年分に当たります)や中学校の武道場を整備するための予算も盛り込まれています。

 今後とも、「スクール・ニューディール」構想の推進をはじめとする学校の教育環境の整備に取り組んでいきたいと考えています。皆様のご理解とご支援、ご協力をお願いいたします。

※ 「スクール・ニューディール」推進会議(文部科学省ホームページ)

※ プロフィール