麻生内閣の主な政策体系

麻生内閣メールマガジン(第41号 2009/07/30)
麻生太郎の「強く明るく」
[そなえよつねに]
 昨日、福岡県と山口県を訪問しました。被災者の方々を励ましたい、自らの目で、豪雨による災害状況を確認し、今後の復旧・復興に万全を期したい、と思ったからです。

 現地では、被害が大きかった高速道路や国道262号、土砂の直撃を受け、多くの犠牲者がでた特別養護老人ホームなどを、訪れました。

 土石に埋もれた道路や家。災害の痕跡は痛々しく、いまだに、行方不明の方もおられます。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、行方不明の方々の一刻も早い救出と、被害に遭われた方々の1日も早い回復を、心から願っています。

 政府として、被災地域の復旧・復興に全力で取り組みます。その第一歩として、被災地への交付税を前倒しで交付することを決めるとともに、被害のあった農林漁業者や中小企業への融資や返済の緩和などを開始しました。

 特に、寸断された国道262号の迂回路となる、山陽自動車道の防府西と中国自動車道の山口との間について、無料化の要望を、知事から直接受けました。直ちに、私から高速道路会社に要請し、速やかに無料化が実現しました。地元紙でも、「異例のスピード解決」と報じられました。

 局地的な豪雨が増加しており、これまでにもまして、災害への警戒を怠らないことが重要です。政府として、地方公共団体と協力して、自然災害による被害の防止・軽減に取り組みます。4月の「経済危機対策」でも、ゲリラ豪雨などによる浸水被害から地域を守るため、治水対策を重点的に実施するとともに、高精度レーダー網を活用した洪水予測の高度化などを推進することとしています。

 また、災害対策には、行政だけではなく、地域においても、日頃から「そなえ」をしておくことが大切です。今回も、危険を察知された方々が、自発的に避難を呼びかけ、大きな災害から免れた方がいた、と伺いました。

 地域内の危険箇所や避難場所はどこか、近所にどのような方が住んでいるか、一人暮らしの高齢者の方はいないかなど、普段から把握しておくことは、防災だけでなく、地域の治安の向上、暮らしの安心につながります。

 現地では、自衛隊や警察、消防の方々が復旧作業に全力で取り組んでおられました。また、全国からボランティアの人たちが駆けつけ、少しでも被災者の力になればと、家屋からの家具の運び出しや、土砂のかき出しなどの活動に従事された、ということを伺い、大変心強く感じました。

 困ったときの友人、支援は、ほんとうにありがたいもの。「自助」と「共助」、自らを助け、互いに助け合うことのできる社会は、自然災害に対しても強い社会です。

 私が、子供の頃に参加していた、ボーイスカウトでは、「そなえよつねに」(Be Prepared)という言葉が、モットーとなっています。

 目前に迫った危険だけでなく、目には見えない、潜在的な危険やリスクにも、日頃から思いをいたすことが大切。政府としても、平時から有事に備えて、災害対策にしっかり取り組みたいと思います。

※ プロフィール

太郎ちゃんねる
※メールマガジンの登録者が対象です。
行政改革担当大臣の甘利明です。

[行政の生産性を高める「質の行政改革」の推進を]
行政改革担当大臣 甘利明
 皆さんは、国の役所の窓口で待たされたり、補助金の申請をしてもなかなか結論が出なかったりといった経験は有りませんでしょうか。
 全文を読む
この人に聞きたい

[巨大魚飼育への挑戦]
海洋博公園・沖縄美ら海水族館館長 内田詮三
 海のことについては解らないことだらけである。ともすれば、なんでも科学的に解明され得るとの風潮が見られるが、これは間違い
 全文を読む
編集長の
ひとこと
内閣官房副長官 松本純
 先週からの豪雨により、山口県、福岡県を中心に大きな被害が出ています。お亡くなりになった方々、被害を受けられた方々に、あらためて、お悔やみとお見舞いを申し上げます。
 全文を読む
政府インターネットTV
 政府情報などを動画で提供しています。
総編集長:内閣総理大臣 麻生太郎/編集長:内閣官房副長官 松本純
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)