鳩山内閣メールマガジン(第3号 2009/10/22)
鳩山由紀夫の「ゆう&あい」
[コンクリートから人へ]
鳩山総理
 9月16日に総理に就任してからあっという間に1カ月が経ちました。自分なりに精一杯頑張ってきたつもりですが、国民のみなさまには、何か今までの政治とは違うぞ、政治が変わりつつあるぞと感じて下さっているとしたら嬉しいです。

 これまでの政治では、大臣たちは官僚が用意した舞台で、台本に沿って、あらかじめ決まった台詞を一言一句そのまま読み上げていました。だから、その意味では、閣僚の間で意見が不一致であることは少なかったかも知れません。でも、官僚任せにしてしまった結果、時として国民のみなさまの声が届かない政治になってしまいました。

 新しい政権では、このような官僚中心の行政を、私たちの大臣、副大臣、大臣政務官の「政務三役」が中心となって、国民のみなさまの思いを受けとめる行政へと「政治主導」で大きく作り変えることにしました。

 未だに慣れない試行錯誤の状態ですので、大臣間で意見の合わないこともあります。でも、むしろその状況をさらけ出すことは、議論の透明性を国民のみなさまに示すことですので、私は悪いことではないと思っています。大事なことは、最後に閣議という意思決定の場で、国民のみなさまの意思を尊重しながら政治主導で一つにまとめ切ることです。

 例えば、予算編成では、今まで、少しでも多くの予算を獲得することが大臣の仕事でしたが、今回、これを180度転換し、「無駄遣い」を無くすことに重点を置き、それぞれが「査定大臣」となって、各省庁の予算の無駄を徹底的に削るよう、「がんばれ」とハッパをかけています。

 この結果、先週閣議決定した補正予算の見直しでは、2兆9千億円を超える予算の執行を停止することができました。その分の予算は、みなさまの暮らしに、真に役に立つ政策、経済にしっかりとプラスの効果をもたらす分野で有効に使わせていただきたいと考えています。

 来年度予算についても、国民のみなさま方に約束しましたマニフェストに掲げた事業の実現を最優先する一方で、不要不急な事業など徹底して無駄を削る予算編成を進めていきます。

 特に、行政刷新会議において、事業仕分けを公開で実施し、予算の無駄を明らかにします。先行的に実施した地方公共団体では、1割ほどの予算削減効果がでています。さらには、特別会計などにも切り込んでいき、赤字国債の発行をできる限り抑え込んでまいります。

 一方で、経済に目を転じると、わが国の景気は、失業率が高い水準にあり、依然として厳しい状況です。つい最近、政府は日本の貧困率を初めて発表しました。15.7%という高い水準でした。今まで、政府はこのような望ましくない数字の発表は行ってきませんでしたが、これからは敢えて公表することにいたしました。公表することによって、みなさまと共に対策を作ることができるからです。

 特に、年末に向けて、みなさまにとって最も重要な雇用対策にしっかり取り組むべく、私が本部長を務める緊急雇用対策本部において、緊急雇用対策を具体化し、実行してまいります。

 鳩山内閣の国の財政に関する方針は、「コンクリートから人へ」です。これまでの箱もの中心の予算から、みなさまの雇用と暮らしを守る予算に変えていきます。乞うご期待ください。

プロフィール 


菅副総理が語る
[明治以来の大改革]
菅直人 副総理兼国家戦略担当大臣
菅 直人(かん なおと)


 今回の政権交代は明治維新や戦後に匹敵する大きな政治変化です。これまでの霞が関憲法解釈では、三権分立の原則から、内閣は国会から独立していて、内閣を支えるのは官僚だと「官僚内閣制」をとってきました。しかし、これは誤った解釈です。憲法には三権分立という規定はありません。現行憲法の大原則は「国民主権」で、議院内閣制では、国会で多数の議席を獲得した政党が自分たちのリーダーを総理大臣とし、内閣を組織します。つまり現行憲法では、政権党が全面的に責任を持って内閣を組織する「国会内閣制」が当然なのです。このように鳩山内閣では、これまでとは「原理」が違う本物の議院内閣制に大きく変わりました。

 国家戦略室の目的は、まず第一に官僚丸投げの政治から政治主導の政治を実現することにあります。組閣の直後から閣議が様変わりしました。従来は前日に行われていた事務次官会議で決まった案件にサインするだけのセレモニーだった閣議が、大臣同士が実質的な議論する場に大きく変わりました。各省庁での意思決定も大臣、副大臣、政務官からなる政務三役が中心に運営することになりました。

 国家戦略室の役割は、鳩山総理の指示書により、「税財政の骨格、経済運営の基本方針など内閣の重要政策に関する基本方針について企画・立案・総合調整を行う」となっています。それに加えて、国家戦略室が中心となって、緊急雇用対策、さらには、CO2の25%削減目標を達成するための地球温暖化対策に取り組んでいきます。明治維新にも匹敵する大改革を鳩山政権で進めることが国家戦略室の最大の使命であると考え全力を尽くします。

国家戦略室(首相官邸ホームページ) 
プロフィール 


頑張ってます
[ピンクリボンレディーステニス大会]
杉山愛 日本女子テニス連盟名誉会員、プロテニスプレイヤー
杉山 愛(すぎやま あい)


 こんにちは、杉山愛です。

 日本女子テニス連盟では、2003年4月より「乳がん早期発見・啓発キャンペーン・ピンクリボンレディーステニス大会」をスタートさせました。この大会は、「皆様の健康を守るため、乳がん検診を積極的に受診しよう」とのスローガンのもと、全国47都道府県で予選大会を行い、毎年「乳がん月間」の10月に全国大会を開催しています。

 併せて、ピンクリボンバッジと自己検診ノートを500円で販売し、その一部を「ピンクリボン基金」として積み立てています。ご支援いただいております各企業の皆様、参加者及び会員の皆様のお陰で、乳がん検診の機器であるマンモグラフィなどを購入し、寄贈しています。

 また、世界の女子ツアーを管轄している女子テニス協会(WTA)では、選手に対する健康面のケアを強化するための一環として、乳がん検診を年2回実施しています。現在、選手は1月の全豪オープンもしくは、3月のマイアミのどちらかで受診することが義務付けられています。ツアーで厳しい戦いを続けるには、体のメンテナンスもプロとして大切な仕事のひとつであると思います。WTAの定期検診などを通じて、乳がんを「身近な問題」として捉えることができ、「乳がんの早期発見」が沢山の方々の命を救えることを知りました。

 私が現役の時は一年のうち9ヶ月は世界中を回っていて、心身が健康であり、怪我なくツアー生活を終えられたことにとても感謝しています。私自身も、2006年からツアーで獲得した賞金の一部を、日本対がん協会の「乳がんをなくす ほほえみ基金」に毎年寄付しています。このピンクリボンレディーステニス大会をきっかけに、「乳がん」に対する皆さんの意識が高まっていくことを期待しています。

 私はテニスを通じて学んだことがたくさんあります。今後は、後進の育成はもちろんのこと、スポーツを通じて、テニスを通じての皆さんの健康づくり、また日本テニス界の発展に少しでもお役にたてればと考えております。

ピンクリボンレディーステニス大会(日本女子テニス連盟ホームページ) 
写真を見る 
執筆者の紹介 



編集部から
 「今週はどのような意見をいただいたか?」

 毎週のメルマガ編集会議は、この一言から始まります。読者の皆様からお寄せいただいたご意見、ご感想を読み込みます。皆様の内閣への期待や日本を思う真剣な思い。鳩山内閣もこのメルマガも、この皆様の思いが原動力となっています。

 さて、最近スポーツ界の若い日本人選手の活躍が続々と伝えられていることは、嬉しいかぎりです。今週号には、このたび現役生活を終えられたプロテニス選手の杉山愛さんに登場していただきました。

 およそ16年間にわたり、4大大会に62回連続して挑戦。これは、世界でも歴代最多記録です。今回は、テニスを通じて「身近な問題」として取り組んできた「乳がん」の早期発見に向けた活動について、熱い思いを語っていただきました。私たち編集部も、杉山さんのように、常に挑戦し続けるメルマガでありたいと思います。
 

※メルマガ読者感想
(メルマガ登録者が対象です)


政府インターネットTV
<2CH>週刊総理ニュース(09/10/12〜09/10/18)
  地球環境行動会議(GEA)開会式、第1回緊急雇用対策本部 など

<20CH>くらしの安全・安心
  命のボランティア 骨髄バンクをご存じですか?〜中西哲生のJust Japan

<22CH>トピックス
  違法?合法?ダウンロードにご注意!〜著作権法改正

<51CH>防災チャンネル
  地域防災最前線〜災害時要援護者対策〜峰竜太のナッ得!ニッポン

 ※政府インターネットテレビ  政府インターネットテレビ

鳩山内閣メールマガジン
 ※読者登録・バックナンバー
総編集長:内閣総理大臣 鳩山由紀夫/編集長:内閣官房副長官 松野頼久
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)