鳩山内閣メールマガジン(第4号 2009/11/02)
鳩山由紀夫の「ゆう&あい」
[新しい国づくり]
鳩山総理
 新しい政権の新しい国会がスタートしました。

 10月26日に始まった第173臨時国会は、政権交代をしてから初めての国会です。冒頭の所信表明演説、それに続く各党からの代表質問への答弁は、私たち政治家自身が考え、できるだけわかりやすい言葉で、国民のみなさまに向けたメッセージでありお答えとなるよう、努めてまいりました。

 私自身はもちろんですが、各大臣も、いかに国民のみなさまに伝わる答弁となるかを考える中で、国民のみなさま方の思いとひとつになるということが大事であると思ってきたからです。

 前政権がそうであったように、有能な官僚たちに作ってもらった原稿を読むだけなら、誰が首相でも大臣でも、本会議をこなすことは可能です。私も、外交日程が続いていた中で、新しい政権が発足して初めての、一番大事な所信表明演説を練り上げることは、正直、体力的にきついと感じることもありました。

 しかし、そこで思い浮かべたのは、私たちに期待をし、これからの日本の将来への望みを託して一票を投じてくださった国民のみなさま方の姿です。私がこの政権で何をしたいのか、どんな国づくりをしたいのか、なんとしてでもその決意を、自分の言葉で述べなければならないと思ったのです。各大臣も同じ思いでいてくれたものと思っています。そして、私たちの内閣が、そのような国会運営を行っていくことが、政治主導の一つでもあると思っています。

 さて、その「国づくり」−私が目指す国は、一人ひとりの能力を生かしながら、人と人とが支え合う、「自立と共生」の友愛社会です。それは、政治と国民、官と民間、国と地方、それぞれの関係にも当てはまります。一人ひとりの、個々の企業の、またそれぞれの地域の力が十分に発揮されるために、それを阻む法律や規制、悪しき慣習は改めていかなければなりません。

 敗戦の荒廃の中で力を失った国民や地域が、まずは「国主導」で再建にあたったことは、その時代には当然のことであったと思います。しかし、それから60年以上が経ち、日本も大きく変わりました。「誰かがやってくれるだろう」という他人依存から脱し、一人ひとりが何をできるのかを考え、国民のみなさま方にも大いに力を発揮していただきたいのです。

 そのために、私が大事にしたいのは「弱い立場の人々、少数の人々の視点を尊重する」という友愛政治の原点です。本当に助けが必要な人やところには、社会がきちんと手を差し伸べる。政治の役割は、その枠組み作りをすることだと思っています。

 私たちの新しい政権による国会は、すべてがチャレンジです。しかし、私たちが常に国民のみなさまの方を向き、国民のみなさまのための国会を行い、「政治が変わったな」「何か日本も変わりそうだ」と実感していただけるよう、全閣僚、全議員をあげ、精一杯努力してまいります。国民のみなさまにも、大いに政治に参加をしていただき、そして新しい「私たちの日本」を、共に作っていこうではありませんか。

プロフィール 


長妻大臣が語る
[新型インフルエンザ対策について]
長妻昭 厚生労働大臣
長妻 昭(ながつま あきら)


 新型インフルエンザ対策は、国民のいのちに関わる問題であり、私自身、就任直後から、様々な有識者の方々のご意見もうかがいつつ、全力で取り組んでいます。

 秋の深まりとともに新型インフルエンザの感染が拡大しています。先週は、およそ100万人の患者が発生し、8月の流行入りからこれまでの間で、およそ500万人の方が新型インフルエンザにかかっていると予想されています。

 新型インフルエンザは、多くの方は軽症のまま回復していますし、タミフルやリレンザなどの治療薬も有効です。必要以上におそれる必要はありません。

 しかし、「新型」のウイルスですから、多くの人には免疫がなく、感染が一気に拡大してしまいます。拡大を防ぐことは地域で安心して受診できる医療体制を維持するためにも大事なことです。手洗い・うがい、「咳エチケット」の徹底をお願いします。

 また、妊娠中の方や、ぜん息、糖尿病などの持病をお持ちの方々や、小さいお子さんは、重症となりやすく、注意が必要です。発熱や咳、のどの痛みなどの症状が現れた場合は、かかりつけの医師に相談するなど、お早めに対応してください。

 さて、新型インフルエンザ対策として、10月19日より順次、新型インフルエンザワクチンの接種が開始されました。メールマガジンの読者の方々の関心も高いようです。

 ワクチンは、感染防止のためではなく、重症化する人をできる限り減らすことと、安心して受診できる医療体制を維持することを目的としています。今後、一定量が順次供給されていきますが、より必要性の高い方から、優先して接種することとしています。ご理解のほど宜しくお願いいたします。

 現在は、医療従事者の方々を中心に接種を行っております。11月以降、各地方自治体で順次、妊婦や基礎疾患をお持ちの方々に対する接種が、始まります。接種場所や接種時期などは、お住まいの地方自治体のホームページや電話相談窓口などで、お知らせしていますので、ご確認いただければと思います。

 また、厚生労働省のホームページにおいて、今回の新型インフルエンザについてのQ&Aなどを掲載しております。是非、一度ご覧ください。

新型インフルエンザあなたの?に答えます(予防編)(政府インターネットテレビ) 
新型インフルエンザあなたの?に答えます(受診と療養編)(政府インターネットテレビ)
新型インフルエンザ〜かからない、うつさないために〜(政府広報オンライン) 
新型(しんがた)インフルエンザにそなえよう!(政府広報オンライン) 
プロフィール 


頑張ってます
[日本の有人宇宙活動は新たな段階に]
若田光一 宇宙航空研究開発機構有人宇宙環境利用ミッション本部
宇宙飛行士
若田 光一(わかた こういち)


 7月末に4ヵ月半に渡る国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在飛行から帰還し、10月1日には鳩山総理、菅副総理を表敬させて戴き、今回の宇宙飛行と有人宇宙開発の現状や展望等についてお話させて戴きました。

 飛行中は、「きぼう」日本実験棟を始めISS内での様々な実験、船外実験プラットフォーム取り付けによる「きぼう」の組立て完了、尿の飲料水への再生が可能な水の再利用システムの運用開始、ISSクルーの3人から6人体制への移行などの仕事を担当しましたが、この間多くの皆様から応援戴き本当に有難うございました。

 日本が恒久的な宇宙実験施設を保有し、つくばの運用管制チームが「きぼう」の能力を最大限に活用した実験運用を行っていくための体制が確立し、日本人宇宙飛行士が長期滞在を始め、9月に打上げた宇宙ステーション補給機(HTV)でISSへの物資輸送手段を実現した事で、日本の有人宇宙活動は新たな段階に入りました。

 「きぼう」の窓から見える暗黒の宇宙に浮かぶオアシスのような青い水惑星地球。日中は鮮やかな青い海や強い風が吹いていることを連想させる砂漠の筋や白い雲と、大自然の力強い息吹が感じられますが、夜は眩いばかりの都市の明かり、人間の科学技術力を象徴するような光が印象的です。

 世界の人々が英知を出し合い、かけがえのない地球の環境を守りながら、宇宙へと人類の活動の場を拡げていくことで、地球人としての価値観、文化が生まれてくると思います。今年12月の野口聡一飛行士の打上げに続き、山崎直子飛行士、古川聡飛行士と日本人宇宙飛行士の活躍の場も広がっていきます。

 「きぼう」の利用を着実に発展させ、月面、惑星探査と、日本が有人宇宙活動の分野でもさらに世界で重要な役割を果たしていけることを期待しています。そして私たちの活動を見てくれている子供たちが宇宙そして科学への好奇心を高め、科学技術立国としての次世代の日本を支えていってくれることを願っています。

写真を見る 
執筆者の紹介 



編集部から

 皆さまから寄せられるご意見に、新型インフルエンザに関するものが散見 されるようになりました。政府が配信しているインターネットテレビでも、 新型インフルエンザに関する番組が、多くの方に観られています。

 このため、今週は長妻大臣に登場していただきました。編集部員の子弟が 通う学校が学級閉鎖になるなど、私たちも身近な問題として実感しています。 まず予防が大事。皆さまも手洗い・うがい、咳エチケットを励行してくださ い。

 「青い水惑星 地球」という若田さんの言葉。宇宙と私たちの住む地球に、 改めて思いを馳せました。若田さんに続く子どもたちが出てくることを期待 するとともに、この美しい地球の環境を守っていくことが、今を生きる私た ちの使命だと、誓いを新たにしました。
 

※メルマガ読者感想
(メルマガ登録者が対象です)


政府インターネットTV
<1CH>総理の動き
・ 第173回国会における鳩山内閣総理大臣所信表明演説(09/10/26)
・ ASEAN関連首脳会議等出席(09/10/23〜09/10/25)

<2CH>週刊総理ニュース(09/10/19〜09/10/25)
  日ASEAN首脳会議・東アジア首脳会議、第1回行政刷新会議 など

<20CH>くらしの安全・安心
  受けよう!「がん検診」〜中西哲生のJust Japan

<22CH>トピックス
・ ききます、とどけます、あなたの声を行政に。〜秋の行政相談週間  〜峰竜太のナッ得!ニッポン
・ 北方四島交流〜北方領土問題の解決にむけて

 ※政府インターネットテレビ  政府インターネットテレビ

鳩山内閣メールマガジン
 ※読者登録・バックナンバー
総編集長:内閣総理大臣 鳩山由紀夫/編集長:内閣官房副長官 松野頼久
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)