鳩山内閣メールマガジン(第7号 2009/11/19)
鳩山由紀夫の「ゆう&あい」
[ゆるぎない信頼関係]
鳩山総理
 先週の金曜日、11月13日に、オバマ米大統領が初来日し、9月のニューヨークでの初会談以来、二度目の首脳会談を行いました。

 その日の深夜、私はAPEC(アジア太平洋経済協力)会議出席のため、シンガポールに向け離日しなければならず、せっかく日本を訪れていただきながら、夕食会と合わせても、わずか4時間弱という限られた時間しか共に過ごす時間はありませんでしたが、過ごした時間の長さでは測れない信頼関係が、確実に強いものになったと実感しています。

 夕食会冒頭、私から、一本の「青いバラ」を大統領に差し上げました。

 バラには青を発色する遺伝子がないことから、青色のバラを生みだすことは不可能とされてきました。それが日本のある企業が14年の歳月をかけ研究した結果、見事世界で初めて青色のバラを開発することに成功したのです。「不可能を可能にする」という花言葉をもつこのバラの誕生の経緯をご説明申し上げ、大統領に「ぜひ、『不可能を可能にする』ため、お互いに頑張りましょう」と申し上げました。

 また、オバマ大統領が幼少のころ、鎌倉で食べた抹茶アイスクリームの味が忘れられないというエピソードを事前にお聞きしていたので、夕食会のデザートに用意させていただきました。これが翌日の大統領の「アジア外交演説」での抹茶アイスクリームのエピソードにつながったということです。

 私は大統領から、一冊の本をいただきました。「勇気ある人々」というJFケネディが上院議員時代に書いた本です。私の尊敬する人物がJFケネディであるということを知った大統領が、わざわざ1956年に出版された貴重な初版本を入手してくださり、私にお渡しくださったのです。

 日米間には、特に普天間基地移転問題で結論が出ていないことに、今後の関係において不安や疑問の声が出ていることも事実です。しかし、私は日本国の総理大臣として、まずアメリカの大統領とのゆるぎない強い信頼関係を、心と心で通じ合う関係を作ることが最も重要と思ってきました。今回、東京でオバマ大統領とお会いして、まさにその思いがお互い一致していたということが確認できたのです。このことは、どちらかが得をし、どちらかが損をするという結果にはならない、必ずや双方にとって良い結果が出る、まずはそのための環境が作れたという大きな成果があったということです。

 "Please trust me."(私を信じてほしい。)
 "Absolutely, I trust you."(もちろん、あなたを信じますよ。)

 首脳会談の折、オバマ大統領と交わしたこの言葉を、国民のみなさまにもぜひ信じていただきたいと願っています。

プロフィール 


福島大臣が語る
[子どもを生み育てることに夢をもてる社会をつくるため]
福島瑞穂 内閣府特命担当大臣(少子化対策)
福島 みずほ(ふくしま みずほ)


 皆さん、こんにちは。内閣府特命担当大臣の福島みずほです。大臣に就任して2ヶ月あまり。私は、消費者及び食品安全、少子化対策、男女共同参画のほか、青少年健全育成、高齢社会対策、障害者施策、犯罪被害者等施策、自殺対策…と、多くの重要な政策を担当させていただいています。その中で、今日は、少子化対策について、お話しします。

 皆さんご存知のとおり、日本では現在、少子化が急速に進行しています。実は、私自身、子どもを保育所や学童クラブに入れるために引越しをするなど、子育て中はとても苦労しました。少子化の一因には、こうした安心して子育てができる環境の不足があるのではないでしょうか。

 私は、大臣に就任してから、いくつかの保育所などを訪問してきました。現場を見て、現場で感じて、そして皆さんから意見を伺う中で、未来を担う子どもが成長する場と、その質を確保することの重要性を改めて実感しました。私は、こうした部分を、もっともっと応援していきます。

 また、多様化する社会のニーズに対応するため、知恵をしぼってこれまでの施策をより良いものにしていく工夫も必要です。賃貸物件を活用した分園方式の活用、少人数の保育所の認可、保育ママの拡充、学校の空き教室の利用など、既にある施設の有効活用といった多様な保育サービスの拡充にも取り組みます。

 私は、こうした子育て支援策の総合的なビジョンとして、「子ども・子育てビジョン(仮称)」を、来年1月末までに作成しようと、毎日のように、大島副大臣や泉大臣政務官と議論を重ねています。このビジョンの中で、保育サービスや学童クラブ等については、新たな「数値目標」も示して、その取組を加速させたいと思っています。

 私は、少子化対策を担当する大臣として、また、一人の母親として、働きながら子育てをするお母さんやお父さん方の切実な願いに、正面から応えていきます。そして、後の時代に、「あの時に、子育て支援が、ホントに変わったよね。」と言ってもらえるようにしたい。私はその思いを胸に、今日も全力で頑張っています。

少子化対策ホームページ(内閣府ホームページ) 
写真を見る 
プロフィール 


頑張ってます
[鳩山さん、よろしゅうお頼申します]
桂米朝 落語家
桂 米朝(かつら べいちょう)


 11月3日は、身に余る光栄に浴した一日となりました。天皇陛下から直々に文化勲章を授かったんですから、この上ない喜びです。そして、私が戴く前にその勲章を陛下の手にお渡しになるのが内閣総理大臣だったということを初めて知りました。考えたら、実に大きな授章式でしたんやな。

 私みたいなもんが文化勲章の対象になるやなんて、夢にも思いませんでした。訊けば、滅びかけていた上方落語を復興した功績によるんやとか…。私はそんな大層に考えてやってた訳やないんで。ただただ、好きでこの道に入ったんですからな。誰かてそうやと思いますが、自分の仕事が好きでいられるほど幸せなことはおまへんな。鳩山さんは落語もお好きだそうで、大阪の天満天神繁昌亭にも来てくれはったんやとか。

 実は、関西はソフトの宝庫です。東京で活躍している上方芸人の何と多いことか。しかも、大阪は政治の分野にまでタレントが押し寄せています。弁護士の橋下徹知事に、元アナウンサーの平松邦夫市長。二人合わせて「くにお・とおる」…なんや漫才コンビみたいな名前や。けど、両人とも大胆なツッコミを入れてきます。大阪府の職員の給与を大幅カットしたのには驚きましたな。府民に破産寸前であることを気づかせ、公務員に公僕であることを気づかせる勇気。これを実行したからこそ、府民はついて行ってるんやないかと思います。大阪人の国に対する注文は厳しいやろけど、どうか地方の活性のため、よろしゅうお頼(たの)申します。ひいてはそれが日本の繁栄に繋がるんでっさかい。

 まあ、言うはやすし、するはきよし…や無(の)うて、難(かた)しでね。税収は減るわ、借金は増えるわで…問題山積みでしょうが、ここは一つ、日本の国に魂を込めて取り組んで頂きたい。もし行き詰まったら、私とお酒を酌み交わしませんか。上方の知恵も捨てたもんやおまへんで。国に一魂、私と一献。

 おあとがよろしいようで。

写真を見る 
執筆者の紹介 



編集部から
 次の3連休、旅行を計画されている方、家族と家でゆっくり過ごす予定の方、カレンダーに関係なく仕事をされる方、さまざまいらっしゃると思います。

 最終日の23日は、勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう「勤労感謝の日」です。昭和23年に国民の祝日となるかなり前から、新嘗祭(しんじょうさい、にいなめさい)として、稲の収穫を祝い、豊穣を祈る行事がおこなわれてきました。

 またこの日は、「いいふみの日」でもあります。ふみは手紙を表しています。この機会に、家族に、仲間に、友達に、日頃の自分の思いや感謝の気持ちをふみにしてみてはいかがですか。
 

※メルマガ読者感想
(メルマガ登録者が対象です)


政府インターネットTV
<1CH>総理の動き
・ アジア政策講演 アジアへの新しいコミットメント−東アジア共同体構想の実現に向けて(09/11/15)
・ シンガポールAPEC首脳会議等出席(09/11/14〜09/11/15)
・ 日米首脳共同記者会見(09/11/13)

<2CH>週刊総理ニュース(09/11/09〜09/11/15)
  天皇陛下御在位二十年記念式典、日米首脳会談、APEC首脳会議 など

<20CH>くらしの安全・安心
・ 麻薬・覚せい剤 薬物乱用はダメ。ゼッタイ。−峰竜太のナッ得!ニッポン
・ 育てよう「人とつながる力」〜青少年の健全育成−中西哲生のJust Japan

<22CH>トピックス
  生活に身近な「統計」

<41CH>映像ミュージアム
  天皇陛下御在位20年記念式典と天皇陛下のおことば

 ※政府インターネットテレビ  政府インターネットテレビ

鳩山内閣メールマガジン
 ※読者登録・バックナンバー
総編集長:内閣総理大臣 鳩山由紀夫/編集長:内閣官房副長官 松野頼久
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)