鳩山内閣メールマガジン(第8号 2009/11/26)
鳩山由紀夫の「ゆう&あい」
[「しがらみ」との決別]
鳩山総理
 先般、旧政権の下で作られた補正予算を約3兆円、無駄あるいは不要不急との理由で執行停止させましたが、今月11日からは、来年度の政府予算の無駄を徹底的に排除するために、行政刷新会議の指導によって「事業仕分け」を精力的に進めています。「事業仕分け」とは、事業が本当に国の仕事として必要なのか、地方自治体に任せるべきものか、民間に行わせるべきものか、はたまた不要なものか仕分けることです。私も、24日に仕分けの現場を訪問し、実際のやりとりを視察して来ました。

 この「事業仕分け」では、3つのワーキングチームがそれぞれ1つの事業について1時間かけて議論していました。たった1時間でどれほどの見直しができるのか、結論ありきの議論ではないか、との御意見をいただいていました。

 しかし、実際に見てみると、議論はスピード感溢れるテンポで進められていました。双方から、丁々発止のやりとりが展開されており、しっかりと検討が深められているな、と実感しました。まさに、お互いに国民のみなさんのために仕事をしている、という熱気を強く感じました。何より、多くの一般の方々がそれぞれの会場で、オブザーバーとして熱心に議論を聞いておられますから、訊くほうも答えるほうも真剣勝負です。傍聴したいけれど会場に入りきれない方々が、100名を超えてセンターの外で待っておられる姿を見て、申し訳ないと思うと同時に、いかに国民のみなさんが、国民に開かれた政治を待ち望んで来られたか、その現実を実感したところです。

 この行政刷新会議の「事業仕分け」が見直している事業は、言うまでもありませんが、国が必要だと思って始めた事業です。ですから事業のタイトルから見ると、簡単に、「要らない」と切り捨てることはできないものばかりなのは、当然です。

 私が視察をしたときには、ちょうど青年海外協力隊の事業が俎上に上っていました。この事業を全く不要と切り捨てる方は少ないでしょう。海外で立派な仕事を行ってくださった青年たちも沢山います。ただ、本当に無駄はないのでしょうか。一人当たりに掛かる経費は妥当なのでしょうか。白熱した議論が進みました。結果は「縮減」だと伺いました。本当に事業にふさわしい青年たちを集めた協力事業と呼べるよう、さまざまな角度から検討する必要がやはりあると思います。

 一つひとつの事業について、本当に国民のために無駄遣いなく実施されているのか、コストは適正なのか、民間の方にも参画いただき、厳しく判断することは正しいと思います。国民のみなさんからお預かりした貴重な税金ですから、みなさんに本当に必要と思っていただける事業、政策だけに厳選していく必要があるからです。

 これまでの長年にわたる「しがらみ」と決別し、「行政の垢(あか)」を落とさなければならないのです。

 成果が見込まれない事業はきっぱりやめる、効率化に向け組織のあり方や契約のやり方を見直す、天下り先の法人に無駄に積まれている基金などは国に返してもらうなど、やるべきことは本当に山積しています。

 今後は、事業仕分けの結果を類似の事業にも拡大しながら、無駄を排除し、来年度予算の編成作業を進めてまいります。

 来週からは師走です。寒さも厳しさを増し、新型インフルエンザの全国的な流行も続くなか、みなさまには、くれぐれもご自愛ください。

プロフィール 


直嶋大臣が語る
[低炭素社会に向けて―太陽光発電の挑戦―]
直嶋正行 経済産業大臣
直嶋 正行(なおしま まさゆき)


 今、地球温暖化問題に国内外の注目が集まっています。私は、温暖化対策を新しい成長のチャンスに結びつけていくことが大切だと思います。太陽光発電は、この切り札となるものです。

 経済産業省では、太陽光発電がもっと皆さんのお役に立てるよう、太陽光パネルの設置への補助を実施しています。皆さんから大変な好評を頂いており、補助申請は、今年1月から先週11月19日までで10万件を超えました(「住宅用太陽光発電補助金」)。街を歩いても、屋根に設置されている太陽光パネルは珍しいものではなくなりました。最近では、携帯電話や自動車にも太陽光パネルが搭載されるなど、太陽光発電は私たちの生活に身近なものになってきています。

 また、11月1日からは「太陽光発電の新たな買取制度」を開始しました。これは、皆さんの家庭の太陽光パネルで発電した電気のうち、自宅で使わなかった分を電力会社に一定価格で買ってもらえる制度です。電気代を節約しつつ、同時に地球環境に貢献できる新しい仕組みです。電気を使う皆さんにも費用を薄く広くご協力いただくことで、社会全体として太陽光発電の導入を促進し、地球温暖化問題の解決に向けた取組を進めていきたいと思います。

 さらに、この買取制度については、風力発電など、より多くの再生可能エネルギーを対象としたものに拡大させられないかと考えています。もちろん、電気料金にも影響が出ますので、この点についてもしっかりと検討し、できるだけ早く、皆さんにどういう仕組みになるのかお示ししたいと思っています。

 太陽光パネルは日本の企業が国際競争力を持っている産業分野です。日本企業の太陽光パネル生産は、世界の6分の1を占め、高い性能を誇るなど日本の“強み”になっています。環境と経済の両立を目指して、太陽光発電を思い切って進めていきます。

“今こそ”太陽光発電(経済産業省ホームページ) 
未来をつかめ!ソーラーパワー〜太陽光発電(政府インターネットテレビ) 
プロフィール 


事業仕分け特別寄稿
[未来は変えられる]
海東英和 行政刷新会議ワーキンググループ評価者、前滋賀県高島市長
海東 英和(かいとう ひでかず)


 私は、行政刷新会議の事業仕分けで評価者を務めています海東英和です。 滋賀県高島市で、事業仕分けを用い、合併で肥大化した財政の健全化を図り、 自治力を高めてきました。

 今回の国の事業仕分けは、政権交代直後なればこその希望を見出す棚卸で す。12月予算編成までの短期間にこれだけの準備が整ったことは、何と言 われようと刷新会議事務局の踏ん張りのお陰です。公開事業仕分けによって、 国民の手に予算を取り戻す革命的作業が目の前で展開されているのです。議 論の時間は1時間ですが、事前に、財務省、主管省庁から説明を受け、論点 を伝え、現場調査もして臨んでいます。

 外郭団体のほとんどには、省庁OBのグリーン席があり、出身省庁から継 続的に事業・予算が供給され養われています。事業の重複を点検する仕組み もなく、監査も形骸化し、人件費など管理費が予算の3割から5割を占める 委託もあり、廃止や見直し評価が相次ぎました。

 不必要な団体を経由させ税金を無駄遣いすることは国民に対する背任です。 1団体で3割が管理費で目減りすると、2団体では0.7×0.7で49% になり、3つの団体を経ると100あった予算は34になります。現場に直 接届けば予算半分で十二分な仕事ができそうです。

 また国債を発行して得たお金で外郭団体に基金を積み、それら団体が国債 で運用する現状は、タコが自分の足を食べるに等しく、経費で目減りする額 は不要な国民負担です。基金を一旦国庫に返納し、必要な事業を精査の上予 算化する判断は、金利に関わらず妥当な見直しであると思います。

 医療現場が悲鳴をあげているのに、医師は足りている、看護師は足りてい るとしてきた無責任な体質と仕組みも問われました。20年の特許期間を過 ぎても高い薬価を見直し、国民の医療費負担を減らす方向に動き出したこと も仕分けの賜物です。

 残念なのは、タイ焼きの頭としっぽだけを編集し、あんこの部分を伝えな い報道です。毛利衛さんの科学未来館について一部報道では、税金が科学技 術振興機構と科学技術広報財団の2団体を経由していることが不透明とされ たのに肝心の議論は報道されません。中抜き報道の弊害は大きいと思います し、すべての国会議員が中抜き報道だけで判断せず、実際の作業を見る責任 があると思います。

 今回の仕分けは、政府の予算が半分で済む可能性に気づかせてくれます。 事業量を洗い直して7割にし、その7割の事業の執行方法を見直して予算を 7割にできたら予算総額は0.49で半分になるのです。

 税で行う責任範囲と適切な執行方法を確認できれば、地域主権を礎に心豊 かな未来が描けると思いませんか。国民の意思で未来は変えられる。仕分け から始まるものがある。「志湧け?!」ですね。

行政刷新会議ホームページ(内閣府ホームページ) 
執筆者の紹介 


頑張ってます
[色づいた葉を見て感じること]
和田博幸 財団法人日本花の会主任研究員
和田 博幸(わだ ひろゆき)


 紅葉前線が日本列島を南下し、同時に山から里へと下りてきました。街中でも木々が色づき始め、落葉樹は冬を迎える前に最後のひと仕事をしているかのように紅葉の美しさを楽しませてくれます。

 “もみじ”という言葉は、元来晩秋に草や木の葉が赤や黄色に色づくことをいい、「紅葉」や「黄葉」の字があてられました。歴史的にみると唐王朝との交流があった奈良時代には、黄色を貴ぶ唐文化の影響を受けた貴族たちは、コナラやクヌギなどの黄葉を詠んだ歌を万葉集に多く残しています。

 やがて平安時代になると遣唐使が廃止され、この時代には日本独自の文化が育まれたといわれます。“もみじ”においても秋の野山を紅色に染めるカエデ類の紅葉が、コナラやクヌギの黄葉よりも好まれるようになり、貴族の間ではカエデ類の紅葉を愛でる習慣が定着し今に続きます。平安時代以降の古今和歌集などの歌集では、“もみじ”は「紅葉」となり、カエデ類がその代名詞となりました。

 カエデ類の代表樹種といえばイロハモミジが挙げられます。葉の裂けた数をイロハニホヘトと数えたことに名は由来します。現在は生物季節観測にも使われていますが、その記録を見ると近年は紅葉する時期が遅れる傾向にあります。

 つまりいつまでも秋が暖かいということです。この50年で15日も紅葉が遅くなったというデータがあります。黄葉するイチョウも同様です。その一方で、春に咲く染井吉野の開花は早まっています。これは春の到来が早まったことを意味しています。

 昔、「リンゴはなんにもいわないけれど、リンゴの気持ちは良く分かる」という歌詞の歌がありました。樹木は何も言いませんが、紅葉の遅れや春の開花の早まりは、何か重大なメッセージを私たちに発しているように思います。気候変動が明らかに進んでいることを無言で訴えているように私には感じるのです。

 これらの現象は気候変動による変化の一部に過ぎませんが、その現象を私たちは敏感にとらえながら、今後の環境保全のことを考え、行動する必要があるのではないでしょうか。

写真を見る 
執筆者の紹介 



編集部から
 携帯電話には、貴金属やレアメタルなどの金属資源が高い割合で含まれています。あの携帯一台に含まれる量は、金が40mg(天然鉱石の80倍)、パラジウムが10mg(同100倍)にものぼります。

 皆さんは新しい携帯を購入された際、古い携帯はどうされていますか。友人の連絡先、家族からのメール、仲間と一緒に撮った写真など、情報と思い出がつまった携帯は、手放しにくいものですね。

 近年、回収・リサイクルされる数は減少する傾向にあります。資源の有効活用の観点から政府は、先週の土曜日から100日間、使用済みの携帯を全国の家電量販店、総合スーパーなどの店頭で、商品券が当たる応募券と引き換えに、回収を行っています。

 最初の3日間だけで、4,000名以上の方が当選されたとか。回収された携帯は物理的に穴をあけるので、個人情報の漏洩は心配ありません。皆さんもこの機会に、使わなくなった携帯をお店に持っていって、商品券の抽選に挑戦されませんか。

(*)パラジウムは、レアメタルの1つで、携帯電話の電子基板に使用されています。
 

たんすケータイあつめタイ 平成21年度使用済み携帯電話の回収促進実証事業 
(経済産業省ホームページ)

※メルマガ読者感想
(メルマガ登録者が対象です)


政府インターネットTV
<2CH>週刊総理ニュース(09/11/16〜09/11/22)
  行政刷新会議、地域主権戦略会議除幕式、国と地方の協議 など

<20CH>くらしの安全・安心
  みんなの力で防ごう!児童虐待防止推進月間−峰竜太のナッ得!ニッポン

<22CH>トピックス
・ 環境新時代を切り拓く 世界に誇る日本の鉄道
・ 日本のイイモノ再発見!〜伝統的工芸品月間−中西哲生のJust Japan

 ※政府インターネットテレビ  政府インターネットテレビ

鳩山内閣メールマガジン
 ※読者登録・バックナンバー
総編集長:内閣総理大臣 鳩山由紀夫/編集長:内閣官房副長官 松野頼久
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)