鳩山内閣メールマガジン(第9号 2009/12/03)
鳩山由紀夫の「ゆう&あい」
[日本経済への迅速な対応]
鳩山総理
 官邸の総理執務室には、机の横に電光掲示板が設置されており、刻々と変わる為替レートや、株価や国債の金利などが示されています。先週末からの急激な円高の進行と株式市場の低迷に、多くの国民のみなさまが大変心配されたと思いますが、ドバイショックを受けて、円が一時84円台になり、日経平均株価が300円以上下がっていく様を掲示板で眺めたときには、緊急に何らかの手を打たねばならないと強く感じました。

 わが国の経済は、持ち直してきているとは言われますが、緩やかなデフレが続く中、失業率は依然として5%を超えています。バブル経済の崩壊時を上回って就職内定率が急落しており、雇用環境は、依然として極めて厳しい状況です。

 このような状況を踏まえ、政府は、既に補正予算を凍結して捻出した3兆円近くの財源を活用して、国民生活に真に必要な政策、「雇用」「環境」「景気」を柱とした、新たな経済対策を行うこととしていました。

 そこに、急激な円高と株安という新たな状況が加わりましたので、私は菅経済財政政策担当大臣・副総理に指示をして、政府として円高対策とデフレ・景気対策をさらに追加した経済対策を急遽まとめることといたしました。当然のことながら、第二次補正予算の規模は、一次の補正予算の凍結規模より、かなり加算されることになります。

 需要面での対応としては、エコポイントやエコカーなどに加えて、住宅のエコ化の重点施策を環境対策として取り入れることや、雇用調整助成金の要件緩和、貧困者支援、新卒・女性支援等の追加的措置を講じてまいります。

 やっと持ち直しの動きが見え始めた日本経済を、「決して二番底には陥らせないぞ」との強い決意を持って、取り組んでまいります。

 さらに、昨日、日本銀行の白川総裁とも会談し、政府と日銀との間に、デフレは経済成長を阻害するものであり、早期にデフレからの脱却を図ることが重要であるとの思いを共有することができたと思っています。

 その席で、私は日銀が決定した新しい金融緩和措置について、デフレを克服するために、いち早く講じた措置として歓迎いたしました。政府の経済対策と日銀の今回の措置は軌を一にしたものと考えています。

 これからも緊密な情報交換と連携を保ち、折々の経済金融情勢に適切に取り組んでいくことが出来るように、適宜政府と日銀の首脳同士で会談を持つことにいたしました。

 なお、ドバイショックそのものの影響については、債務の総額がさほど大きくないとのことから、おおむね沈静化したと、ひと安心したところですが、中東を中心に信用不安の連鎖反応が起きることが心配との指摘もあります。予断を許さずに注視してまいります。

プロフィール 


小沢大臣が語る
[日本を明るく元気にするチャレンジ25]
小沢鋭仁 環境大臣
小沢 鋭仁(おざわ さきひと)


 世界は、今、地球温暖化という、人類の生存に関わる脅威に直面しています。今月、デンマーク・コペンハーゲンで開催されるCOP15(気候変動枠組条約第15回締約国会議)において、その大きな脅威に対して立ち向かっていきます。我が国も、2020年までに1990年比で二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を25%削減するとの野心的な目標を掲げました。そして、この目標を達成するための取組を「チャレンジ25」と名付け、鳩山総理のリーダーシップの下、あらゆる政策を総動員して、推進しています。

 この「チャレンジ25」は、国民の皆様や産業界に「ガマン」を強いるものでは決してありません。今より快適で住みやすい暮らしを実現し、地域を元気にするとともに、日本のエコ産業の躍進を目指すものです。

 日々の暮らしについてみれば、太陽光パネルや二重窓ガラスを備え、断熱性能も高いエコ住宅の普及を進めることにより、光熱費の節約と二酸化炭素の排出削減を図りつつ、今までよりももっと快適で、夏は涼しく冬は暖かい暮らしを実現することができます。例えば、先日、菅副総理、中川文部科学副大臣とともに小宮山宏先生(前東大総長)の御自宅(小宮山エコハウス)を訪問しましたが、エネルギー消費を約8割削減しつつ、快適な暮らしを実現していました。

 また、地域づくりでも世界を見渡せば先進的な取組が数多くみられます。例えば、先日私が気候変動に関する非公式閣僚会合に出席するために訪れたコペンハーゲンでは、主に再生可能エネルギーを活用した地域暖房システムを導入し、各住宅に接続を義務づけています。これによって、どんなに快適に家を暖めても二酸化炭素の排出が殆どない仕組みができています。そのほかにも、エコ交通システムも導入されています。例えば、バス専用レーンや自転車専用レーンを設け、市内をスイスイと走れるようにすることで、バスや自転車の積極的な利用を進めています。こうして、二酸化炭素の大幅な排出削減を実現しつつ、元気な地域づくりを進めているのです。

 ものづくりでも地球温暖化対策は日本にとって大きなチャンスです。二度のオイルショックや厳しい自動車排ガス規制を乗り越えることによって、日本は世界最高水準のエネルギー効率と圧倒的な国際競争力を得てきました。私は「息をする商品」と常々言っているのですが、自動車や家電などエネルギーを消費し、二酸化炭素を排出する製品に関しては、日本の環境・エネルギー技術は圧倒的に強いものがあります。これらの技術こそが国際競争力の源泉であり、グローバル・マーケットにより選別される時代なのです。今後とも日本産業が世界市場で競争力を維持するためにも、世界に先駆けた積極果敢な挑戦が必要であり、積極果敢な地球温暖化対策は、日本の多くの企業にとって新たなチャンスをもたらすものです。

 地球と日本の環境を守り、未来の子どもたちに引き継いでいくため、私はあらゆる政策を推進していく所存です。日本を明るく元気にする「チャレンジ25」をモットーに、スピード感を持って、皆様と一緒に取り組んでまいります。

写真を見る 
プロフィール 



頑張ってます
編集部注)  政府は、12月3日から9日までの期間を「障害者週間」と定め、障害者があらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として、意識啓発に係る取組を展開しています。
 今週は、今年度「心の輪を広げる体験作文」の小学生部門で内閣総理大臣賞を受賞された藤崎未夏さんにメッセージをいただきました。

※ 藤崎さんの作文については、こちらをご覧ください。

[心の輪を広げる体験作文に応募して]
熊本県阿蘇郡 南阿蘇村立久木野小学校4年
藤崎 未夏(ふじさき みか)


 私が「心の輪を広げる体験作文」に応募した理由は、私が2年生の時、白井のり子さんという両手が不自由な方と出会ったことがきっかけでした。私自身は、左足だけが義足ですが、のり子さんは、両手が不自由でも両足をまるで手のように使って生活していらっしゃることを見て「すごく器用だなあ」と思いました。

 のり子さんは、自分のそれまで生きてきたことを本にしていたので、私も「将来のり子さんのような作家になりたいなあ」と思うようになり、今回の作文に応募したのです。

 私の書いたものを読んで、私と同じように義足をしている人たちが、「元気になったり勇気が出てきてくれるといいなあ」と思って書きました。

 「にせ物の足」という言葉を使った一年生のみんなは、よく考えると「義足」という言葉とその意味を知らなかったので、勇気を出して教えるつもりで1年生の教室に行き、話をしたことがよかったと思います。その思いを書きました。

 自分の気持ちを相手にわかりやすく伝えることで、私自身もとても楽になりました。友だちも一緒に支えてくれました。この経験を読んで、もし私と同じようなことで悩んでいる人がいたら、「思い切って伝えてみよう」という気持ちになってくれたらうれしいと思います。

 今回の作文で、私は夢が一つ叶いました。でも、まだもっともっといろんなことを体験してそれを本にしたいと思っています。今私が考えているのは、パラリンピックに参加することです。

 4月に両親から足首の自由が利く新しい義足をかってもらいました。これまでは、足首が曲がらなかったので急に止まったり、ターンをしたりするのが難しかったのですが、新しい義足になってそれができるようになり、パラリンピックに出たいと思うようになったのです。

 4年生になって、バスケット部に入り、みんなと同じように練習をしています。フットワークの時やダッシュの練習の時は義足と足が接しているところが痛いときがあります。でも、将来パラリンピックに出ようという目標があるので乗り越えていっています。

 将来作家になって、こうした経験をいっぱい書いて、「たくさんの人たちと知り合いになれたらいいなあ」と思います。年に一度は、伸びてきた骨を削る手術をしなくてはいけませんが、これも「将来の夢を実現するために頑張ろう」という気持ちになり、前よりは怖くなくなりました。来年もこの作文に応募して、その後、私がどのように成長したか書いてみたいです。

 いつも私を励まし、優しく大切にしてくれるお父さん、お母さん、お姉さん、おじいちゃん、おばあちゃん本当にありがとうございます。家族の温かい笑顔のおかげで、毎日自信を持って過ごすことができます。また、私の学級のお友だち、他の学年のお友だち、私の足のことしっかりと理解してくれてありがとう。おかげで、安心して過ごしています。

 みんなとの経験を生かしながら、私自身さらに強く、前向きに生きていきます。

平成21年度障害者週間(内閣府ホームページ) 



編集部から
 12月になりました。国会では会期が延長され、今週月曜日には、中小企業金融円滑化法、新型インフルエンザ予防接種救済措置法、肝炎対策基本法などが成立しました。

 一方、政府では、来年度の予算編成作業が本格化しています。先週まで行われていた事業仕分けは、会場に老若男女問わず非常に多くの方が足を運ばれ、インターネット中継も約300万件ものアクセスがありました。

 メルマガへのご意見も事業仕分けに関しての意見、感想が、半数近くとなりました。それぞれの分野については異論もいただきましたが、「予算の内容が国民の前に現れた」「来年も民間人を多く入れた形での仕分けを」などのご意見も多くいただきました。肝心なことは、これをどう生かすかです。

 政府では、来月から皆さんからみた身近な国のムダやおかしなルールについてのご意見を募集します。その名も「ハトミミ.com」。こちらへも積極的にご参加ください。

国民・職員からの意見聴取について(行政刷新会議ホームページ) 
※メルマガ読者感想
(メルマガ登録者が対象です)


政府インターネットTV
<2CH>週刊総理ニュース(09/11/23〜09/11/29)
  行政刷新会議「事業仕分け」視察、若田宇宙飛行士総理大臣顕彰式、雇用戦略対話 など

<21CH>地球環境
  ウォームシェアでいっしょにあったまろう!−中西哲生のJust Japan

<22CH>トピックス
・ アジアと中南米を結ぶ架け橋〜アジア中南米協力フォーラム(FEALAC)
・ これからの時代を支える力!〜福祉・介護の仕事を知ろう −峰竜太のナッ得!ニッポン

<31CH>地域の元気
  「まいどさん」と巡る金沢再発見(石川県金沢市)

 ※政府インターネットテレビ  政府インターネットテレビ

鳩山内閣メールマガジン
 ※読者登録・バックナンバー
総編集長:内閣総理大臣 鳩山由紀夫/編集長:内閣官房副長官 松野頼久
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)