出井伸之氏


 いでい   のぶゆき
出井 伸之

美しい森林づくり全国推進会議代表
クオンタムリープ株式会社代表取締役

昭和12年11月22日生まれ



昭和12年東京生まれ。昭和35年早稲田大学政治経済学部を卒業。同年ソニー株式会社に入社、外国部に配属。

同社入社後は、スイスのジュネーブへの留学のほか、2度にわたるスイス赴任やソニー・フランス設立への従事のためのフランスへの赴任など、海外で活躍。その後、平成7年に同社社長、同12年には会長兼グループCEOに就任。平成17年に同社会長兼グループCEO退任後に、株式会社クオンタムリープを設立し、代表取締役に就任。現在に至る。

公職としては、平成12年に内閣に設置されたIT戦略会議議長を務めたほか、日本銀行参与、日本経済団体連合会副会長としても活躍。 平成19年、「美しい森林づくり全国推進会議」設立時に同会議代表に就任。豊富な海外経験から日本の森林の美しさを海外に誇るべきものとし、次世代にこれを伝えるべく、先頭に立って「美しい森林づくり推進国民運動」をリードしている。

主な著書に『日本進化論』幻冬舎(幻冬舎新書)2007年、『出井伸之多様性への挑戦』(共著)朝日新聞社2007年、『迷いと決断』新潮社(新潮新書)2006年、『非連続の時代』新潮社(新潮文庫)2004年、『ONとOFF』新潮社2002年、『混迷の時代に』ワック2000年などがある。

平成10年、フランスのレジオン・ドヌール勲章オフィシエ賞を受賞。