杉山愛氏




すぎやま  あい
杉山 愛

日本女子テニス連盟名誉会員
プロテニスプレイヤー



5才の時からテニスを始め、15才の時に日本人初の世界ジュニアランキング1位の快挙を達成。
その後、2000年全豪オープン シングルスベスト8を始め、同年全米オープン ダブルス優勝など日本のテニス界のエースとして活躍を続け、2009年全米オープン出場により現役最多の4大大会62回連続出場を達成した。
2009年東レ パン・パシフィック・テニス出場を最後に現役を引退する。

1998年から神奈川県茅ヶ崎市にてテニスアカデミーを開校。
またコーチも務めた母・芙沙子らと共に、後進育成やテニスの普及活動を目的とした特定非営利活動法人「パームインターナショナル湘南」を2005年に立ち上げ、理事長に就任。
プロジェクトの一つ「LOVE’S DREAM 杉山愛ジュニア育成基金」を通じジュニアの育成を行っている。