和田博幸氏


 わだ    ひろゆき
和田 博幸

財団法人日本花の会主任研究員

昭和36(1961)年、群馬県生まれ



 東京農業大学農学部農芸化学科卒業

 昭和58年に大学を卒業後、財団法人日本花の会の職員となる。桜の名所づくりや名所づくりのための調査、試験研究を担当。平成12年に樹木医に認定され、国指定天然記念物の山高神代ザクラ(山梨県)や大島のサクラ株(東京都)、根古屋神社の大ケヤキ(山梨県)の調査や樹勢回復に当たる。

 また、花のまちづくりの調査研究も担当し、国内外の事例を調査。全国花のまちづくりコンクール(農林水産省、国土交通省提唱)では、そのコンセプトづくりや審査基準づくりのスタッフともなる。

 現在は主に桜の名所づくりと花のまちづくりにおける地域計画や設計、住民指導と講演会講師などの業務に携わる。

 日本花の会の業務以外にNPO法人東京樹木医プロジェクトとNPO法人みどり環境ネットワーク!(ともに東京都)の両理事を務め、樹木をはじめとして身近な植物の大切さや自然との共生の必要を働きかけている。