阿刀田高氏


 あ と う だ   たかし
阿刀田 高

作家
日本ペンクラブ会長

昭和10年東京生まれ



 小説家。早稲田大学文学部仏文科卒業後、一時国立国会図書館に勤務。その後軽妙なコラムニストとして活躍したが、昭和40年代の終わり頃から“奇妙な味”の短篇小説を書き始め、昭和54年『来訪者』で日本推理作家協会賞、短篇集『ナポレオン狂』で直木賞を受賞。

 丹念な作品づくりで知られる短編作家だが、『朱い旅』『怪談』など長編にも意欲を示し『獅子王アレクサンドロス』などヨーロッパ古代史を題材とした歴史小説にも筆をふるっている。『ギリシャ神話を知っていますか』など教養シリーズも読者に親しまれている。平成7年『新トロイア物語』で吉川英治文学賞を受賞するとともに、平成15年紫綬褒章、平成21年旭日中綬章をそれぞれ受章。直木賞選考委員、日本ペンクラブ会長、文字・活字文化推進機構副会長。

 近著に『佐保姫伝説』(文藝春秋)、『街のアラベスク』(新潮社)、『甘い闇』(集英社文庫)、ほか。