観光カリスマ百選

● 日本的な暮らしを表現した癒しと憩いの町「おかげ横丁」(三重県伊勢市)

 平成5年、伊勢神宮内宮の門前町である「おはらい町」に、江戸から明治にかけての古い街並みを再現した「おかげ横丁」が誕生しました。この地に本店を構え300年商いを続けてきた老舗の和菓子屋「赤福」が約140億円を投じて完成させたものです。

 かつて、伊勢参りで賑わいをみせていたこの町も、時代の流れとともに、伊勢の古き良き時代の面影をなくし、通りとは別に、車の通る道が整備されると人の流れが途絶え、衰退の一途をたどっていました。

 「洋風化したものが氾濫する時代だからこそ、日本的なこころのふるさとが求められている。」赤福の濱田益嗣(ますたね)社長の描いた町づくりの考え方は、とても分かりやすいものでした。江戸時代には、当時の日本の人口の5分の1にあたる参詣客を迎えていた伊勢には、伝統的におもてなしのこころがありました。その温かい心を感じてもらえるような、伊勢らしい伝統的な街並みを再現すれば、きっと訪れる人々に喜んでもらえると濱田さんは信じたわけです。

 約2600坪の「おはらい町」の中には、伊勢を代表する伝統的建造物25棟が立ち並び、江戸時代の伊勢の様子を紹介した展示館や、松阪木綿、伊賀組紐といった工芸品を扱う店、伊勢うどん、てこね寿しといった郷土料理を出す店など40店舗が入っています。

[次へ]

戻る